ニュース

巻上公一率いるヒカシュー、13年ぶりのオリジナル・アルバム発表

2006/08/11掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 現在では日本を代表するヴォイス・パフォーマーである巻上公一が、舞台の音響や美術を担当していた仲間たちとともに結成したバンド、ヒカシュー。ニューウェイヴ/テクノポップ・バンドとしてリズムボックスとメロトロンを導入した、即興音楽と演劇的なパフォーマンス、カラフルでポップなヴォーカルで知られる彼らが、1993年以来となるオリジナル・アルバム『転々』(mkr-0002 \2,100(税込))を10月1日にリリースします。(写真は初期ヒカシューを網羅した名盤『ツイン・ベスト』)
 相変わらずの自由奔放さで繰り広げられるという本作はなんとニューヨーク録音。ただあるがままにその場で紡いだというコトバと即興演奏のテクニックで作り上げられていった音源であるとのこと。三田超人の哀愁とポップさが同居するギターのメロディとともに、巻上公一ならではの飄々としたたたずまいのうたごえで軽やかに朗々と演じられる、浮遊する宇宙のコトバの数々が収録されていることでしょう。ちなみにこのアルバムに参加しているメンバーは巻上公一(ヴォーカル/テルミン)、三田超人(ギター/サンプラー)、坂出雅海(ベース/エフェクツ)、佐藤正治(ドラムス/ヴォイス)とのこと。


■2006年10月1日発売
ヒカシュー『転々』
mkr-0002 \2,100(税込)

1.転々
2.挨拶以前
3.かくれんぼ
4.さっき
5.夕涼み
6.突然(スイカの半分)
7.生きててよかったなあ
8.金の卵
9.ここにざくろあり
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] Melting pot   パンク経由で鳴らす ソウル・ミュージックとグッド・メロディ[インタビュー] Nina77 YouTube再生回数86万回以上の代表曲 「一人ぼっちの革命」を含む初CDリリース
[インタビュー] ヒビキpiano 超絶ピアノで紡ぐ やさしく心安らぐ楽曲たち[インタビュー] 橋本淳&筒美京平コンビの最後の傑作「ホテル砂漠」でデビューする新人アーティスト「夏海姉妹」
[インタビュー] 山中千尋 その自由さにあこがれるウェイン・ショーターと坂本龍一に捧げられた新作[インタビュー] 色々な十字架   噂の“ヴィジュアル系バンド” 初のフィジカル・アルバムをリリース
[特集] 『コンサート・フォー・ジョージ』ポール、リンゴ、クラプトン…豪華メンバー出演の追悼公演を収録する映像作品が劇場公開[インタビュー] キノコホテル 全従業員退職の試練を乗り越え営業再開、“人間”マリアンヌ東雲が語る新作と現在地
[インタビュー] 松井秀太郎 やりたいことを詰め込んだアルバムを携え、新世代のジャズ・トランペッターがデビュー![インタビュー] akiko / 海野雅威を迎え制作したオーセンティックなジャズ・スタンダード集を発表
[インタビュー] 工藤祐次郎 飄々とした佇まい 注目のSSW、2作同時リリース[インタビュー] 満島貴子 ボーダーレスなフルート奏者 ラグジュアリーで情熱的な新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015