ニュース

巻上公一率いるヒカシュー、13年ぶりのオリジナル・アルバム発表

2006/08/11掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 現在では日本を代表するヴォイス・パフォーマーである巻上公一が、舞台の音響や美術を担当していた仲間たちとともに結成したバンド、ヒカシュー。ニューウェイヴ/テクノポップ・バンドとしてリズムボックスとメロトロンを導入した、即興音楽と演劇的なパフォーマンス、カラフルでポップなヴォーカルで知られる彼らが、1993年以来となるオリジナル・アルバム『転々』(mkr-0002 \2,100(税込))を10月1日にリリースします。(写真は初期ヒカシューを網羅した名盤『ツイン・ベスト』)
 相変わらずの自由奔放さで繰り広げられるという本作はなんとニューヨーク録音。ただあるがままにその場で紡いだというコトバと即興演奏のテクニックで作り上げられていった音源であるとのこと。三田超人の哀愁とポップさが同居するギターのメロディとともに、巻上公一ならではの飄々としたたたずまいのうたごえで軽やかに朗々と演じられる、浮遊する宇宙のコトバの数々が収録されていることでしょう。ちなみにこのアルバムに参加しているメンバーは巻上公一(ヴォーカル/テルミン)、三田超人(ギター/サンプラー)、坂出雅海(ベース/エフェクツ)、佐藤正治(ドラムス/ヴォイス)とのこと。


■2006年10月1日発売
ヒカシュー『転々』
mkr-0002 \2,100(税込)

1.転々
2.挨拶以前
3.かくれんぼ
4.さっき
5.夕涼み
6.突然(スイカの半分)
7.生きててよかったなあ
8.金の卵
9.ここにざくろあり
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
[インタビュー] シバノソウ、少し大人になった彼女の「これから」を表明した新作EP[インタビュー] 広瀬咲楽、ナチュラルな歌声が魅力のSSW、真骨頂である春曲を集めたアルバム
[インタビュー] 橋本一子×藤本敦夫、スペシャル・ライヴ直前、マルチ・アーティスト対談[特集] 井上芳雄、デビュー20周年、スペシャルライヴを収めた豪華DVD + CD発売
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015