ニュース

“モーグ”ファン待望!小川文明(すかんちほか)のソロが再登場!

2007/01/10掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 自身が率いるキーボード・トリオ、スージー・クリーム・チーズや、ライヴ活動を再開したすかんちのキーボーディストとしておなじみの小川文明。近年ではYUKI真心ブラザーズで“ヴィンテージ・キーボード・マスター”として欠かすことのできない存在となっている“モーグ使い”のソロ作品『moogie woogie』(写真・GE-002 \2,800(税込))が、1月13日に再リリースされます。

 モーグ・シンセならではの絶対的な音の個性が堪能できる音源として、2004年のリリース当時多くのファンを驚かせたアルバムで、「モーグ博士とウェンディ・カーロスへの感謝の気持ちを、全編にモーグ・シンセサイザーをフィーチャーしたこのアルバムで表現したかった」との本人コメントを裏切らない作品です。さらに文明氏は、博士自身が“ムーグ”ではなく“モーグ”の発音を気に入っていたということで“モーグと呼ぼう推進委員会青年部長”も自認しているとか。鍵盤への愛情あふれる作品ですので、ぜひぜひ同日発売のすかんち『SCANCH'N ROLL SHOW』とともにお手元に!


2007年1月13日発売
小川文明『moogie woogie』
GE-002 \2,800(税込) 

01. Where did that monster go?
02. Storm by the Lake
03. Momo
04. No Passing
05. Rain Stick
06. fis
07. 7 Wonders Woogie
08. 2 match or too much?
09. Switched on Carlos
10. Walter
11. Wendy
12. Moogie Paradise
13. The Show
--- Last greeting from Mr.Enphasis
14. Reprise〜Talky
--- Mrs.Emphasis plays an unwelcome curtain call
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015