ニュース

前衛ジャズ・ギタリスト高柳昌行の70年代幻の音源が完全版で登場!

2007/03/01掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 1971年8月に成田空港建設反対闘争の“現場”三里塚で行なわれ、熱狂を巻き起こしたプロテスト・コンサート“幻野祭”。ロスト・アラーフ(灰野敬二)、頭脳警察ブルース・クリエイションといった日本のロック重要人物たちに加え、高柳昌行高木元輝、落合俊ら先鋭的フリー・ジャズ・アーティストも出演し、日本のロック/前衛ジャズ史に大きな足跡を残したといえるイベントです。その“幻野祭”での高柳昌行、森剣治、山崎弘による“高柳昌行 ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アート”の名演奏『ラ・グリマ(涙)』(写真・dmh-113 \2,310(税込))が音源化、3月11日に発売されます。2003年に『幻野・幻の野は現出したか〜'71日本幻野祭』というタイトルの実録DVD+2CDとして発売されましたが、その作品では演奏の冒頭部分(6分間)のみが収録されたという音源の完全版です。

 この音源には“ニュー・ジャズ”に対し、拒否反応をしめす当時の観客からの冷やかし、野次、嘲笑、ブーイングも収録。演奏中もさまざまな物がステージへと投げ込まれたという、血気盛んで生々しい現場の空気も残されています。そんな状況を無視し、切断するかのように激しく披露されていく高柳らによるおよそ42分にわたる演奏……“集団投射”の模様が収録されています。“ニュー・ジャズ”幻の名演奏というだけでなく、70年代日本の記録としても大きな意味を持つこの1枚、お見逃しなきよう。


2007年3月11日発売
高柳昌行 ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アート『ラ・グリマ(涙)』
dmh-113 \2,310(税込)
見開き紙ジャケット仕様
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』
[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成![インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催
[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説
[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』
[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」
[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015