ニュース

前衛ジャズ・ギタリスト高柳昌行の70年代幻の音源が完全版で登場!

2007/03/01掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 1971年8月に成田空港建設反対闘争の“現場”三里塚で行なわれ、熱狂を巻き起こしたプロテスト・コンサート“幻野祭”。ロスト・アラーフ(灰野敬二)、頭脳警察ブルース・クリエイションといった日本のロック重要人物たちに加え、高柳昌行高木元輝、落合俊ら先鋭的フリー・ジャズ・アーティストも出演し、日本のロック/前衛ジャズ史に大きな足跡を残したといえるイベントです。その“幻野祭”での高柳昌行、森剣治、山崎弘による“高柳昌行 ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アート”の名演奏『ラ・グリマ(涙)』(写真・dmh-113 \2,310(税込))が音源化、3月11日に発売されます。2003年に『幻野・幻の野は現出したか〜'71日本幻野祭』というタイトルの実録DVD+2CDとして発売されましたが、その作品では演奏の冒頭部分(6分間)のみが収録されたという音源の完全版です。

 この音源には“ニュー・ジャズ”に対し、拒否反応をしめす当時の観客からの冷やかし、野次、嘲笑、ブーイングも収録。演奏中もさまざまな物がステージへと投げ込まれたという、血気盛んで生々しい現場の空気も残されています。そんな状況を無視し、切断するかのように激しく披露されていく高柳らによるおよそ42分にわたる演奏……“集団投射”の模様が収録されています。“ニュー・ジャズ”幻の名演奏というだけでなく、70年代日本の記録としても大きな意味を持つこの1枚、お見逃しなきよう。


2007年3月11日発売
高柳昌行 ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アート『ラ・グリマ(涙)』
dmh-113 \2,310(税込)
見開き紙ジャケット仕様
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015