ニュース

『攻殻』トリビュート盤第2弾!テクノ・イベントも開催!!

2004/04/20掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 今まで、コミック、劇場版、TVシリーズなどで描かれてきた『攻殻機動隊』の世界観に、インスパイアされた音楽クリエイターたちが参加したトリビュート・アルバム『Ghost In The Shell Tribute〜Category: Techno Style〜』。マイク・ヴァン・ダイク、デリック・メイ、デイヴ・エンジェル、システム7など、今日のテクノ・シーンを代表するクリエイターたちが集まった本格的なテクノ・コンピ盤となっていただけに、『攻殻』ファンのみならず、テクノ・ファンにも喜ばれた作品であったかと思いますが、そんな同トリビュート企画の第2弾アルバム『GHOST IN THE SHELL TRIBUTE〜CATEGORY:TECHNO STYLE Ver2.0.0〜』(CFCL-3\3,045(税込))が5月26日にリリースされることになりました。まだ収録アーティストは判明していないものの、今回も世界で活躍するテクノ系アーティストが集結した作品となるそうなので、これは期待。また詳しい収録内容が判明次第お伝えしたと思いますので、それまで暫しお待ちください。

 なお、本アルバム・リリースに先駆けて、5月1日には、『攻殻機動隊』の制作会社“Production I.G”と、このトリビュート盤の発売元である“カルチャー・オブ・エイジア”が運営するクラブ“CLUB ASIA”との共同イベント“I.G FESTA”が東京ビッグサイトにて開催される予定。なんでも、同イベントは3つのパートに分かれて開催される予定らしく、その詳しい内容は下記のとおり。その参加アーティストのメンツからみても、テクノ好きには、なかなか興味深いイベントゆえ、アナタも行かれてみてはいかがでしょうか?

≪I.G FESTA Part1“LIVE ACT”≫
【時間】18:00〜22:00
【チケット】\5,000(税込)

『攻殻機動隊』を中心としたProduction I.G作品を支持するアーティストのライヴ・ステージ。また、押井守監督、Production I.G代表取締役の石川光久氏等によるトークショーも開催予定。

●出演者
KEN.MORIOKA (SOFT BALLET)
スチャダラパー
浅倉大介
倖田來未
move

≪I.G FESTA Part2“TECHNO ACT”≫
【時間】23:00〜翌朝5:00
【チケット】\7,000(税込)

PS用ゲーム・ソフト版『攻殻』のサントラ(写真)と、『攻殻』トリビュート盤に参加したアーティストが集結したテクノ・イベント。

●出演者
DERRICK MAY
KEN ISHII
MIJK VAN DIJK
・ADAM BEYER
SCAN X
・zento
・SHIN NISHIMURA
Dr.SHINGO

≪I.G FESTA Part3“PSYCHE ACT”≫
【時間】翌朝5:00〜10:00
【チケット】Part 2と同じチケットにて入場可能

サイケデリック・トランス・イベント。

●出演者
・DJ ZIKI(True Trance)
・INTERGALACTIC(VICK SHEFI)
・DJ OFORIA -OFER DIKOVSKY-
・Xerox
・U-KIC
 and more...

*同イベントに関しては、“CLUB ASIA”内の特設サイトにてご確認を。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015