ニュース

〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉にアンドラ・デイ、ゴーゴー・ペンギン出演

2016/06/13 17:00掲載
はてなブックマークに追加
〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉にアンドラ・デイ、ゴーゴー・ペンギン出演
 9月17日(土)神奈川・横浜 赤レンガ野外特設ステージにて開催される、ジャズ・フェスディヴァル〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉に、スティーヴィー・ワンダーに見出された話題のシンガー、アンドラ・デイ(Andra Day)と、UKマンチェスターから“アコースティック・エレクトロニカ・トリオ”、ゴーゴー・ペンギン(GO GO PENGUIN)の2組が新たに出演することが決定しました。

 ジャズのスピリットを持ったアーティストがニューヨークのさまざまなクラブやホールで1ヵ月にわたりライヴを繰り広げる〈Blue Note JAZZ FESTIVAL〉は今年で6回目を迎え、すっかり夏のニューヨークの風物詩として定着。このフェスティヴァルが、昨年に引き続き1日限りの野外フェスに形を変えて、〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉として開催されます。

 出演が発表されたアンドラ・デイは、2015年に30歳の新人として『チアーズ・トゥ・ザ・フォール』でアルバム・デビュー。そのヴィンテージ感あふれる声が一躍話題となり、〈第58回グラミー賞〉の“ベストR&Bパフォーマンス”とベスト“R&Bアルバム”にノミネートされました。また、ゴーゴー・ペンギンは、今年1月にアルバム『マン・メイド・オブジェクト』をブルーノートからリリースし、世界デビューを果たしました。ソールドアウトとなった4月の初来日公演では超人的な演奏を披露し、ジャズ新世代を鮮烈に印象付けました。

 目の前に大さん橋、その向こうにはベイブリッジを臨む最高の環境で、ジャズのスピリットを持ったアーティストたちの音楽を楽しめる特別な体験となりそうです。

Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016
www.bluenotejazzfestival.jp

2016年9月17日(土)
神奈川 横浜 赤レンガ野外特設ステージ
開場 11:00 / 開演 12:00
S指定席 26,000円(税込 / 特典あり)
A指定席 19,000円(税込)
スタンディング 10,800円(税込)
一般発売: 2016年7月16日(土)〜


[出演]
アース・ウインド&ファイヤー / ジョージ・ベンソン / アンドラ・デイ / ゴーゴー・ペンギン ほか
※タイムテーブルは後日発表

[前売チケット販売]
・ブルーノート東京・JAM SESSION会員先行
※2016年5月21日(土)11:00〜29日(日)23:59
・クリエイティブマン・MEMBERS-3A会員受付
※2016年5月21日(土)11:00〜29日(日)23:59
・クリエイティブマン・モバイル会員受付
※2016年5月21日(土)11:00〜29日(日)23:59
・BNJF実行委員会オフィシャル先行第1弾
※2016年5月30日(月)11:00〜
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット
[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー![インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに
[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015