ニュース

新国立劇場でワーグナーの楽劇『ニーベルングの指環』第1日「ワルキューレ」(新制作)が上演

2016/06/22 13:54掲載
はてなブックマークに追加
新国立劇場でワーグナーの楽劇『ニーベルングの指環』第1日「ワルキューレ」(新制作)が上演
 飯守泰次郎芸術監督の指揮、ドイツの巨匠ゲッツ・フリードリヒ(Götz Friedrich)演出のプロダクションで昨年スタートし、3年がかりで全4作を上演する東京・渋谷 新国立劇場の大型プロジェクト、ワーグナーの楽劇『ニーベルングの指環』。2016 / 2017シーズンオペラのオープニング公演として、『指環』の第2作にあたる「ワルキューレ」が10月2日(日)〜18日(火)にかけて上演されます。

 『ニーベルングの指環』は、ドイツ・オペラの巨匠ワーグナーが26年にわたって創りあげたオペラ史上最大級の作品。ドイツの叙事詩『ニーベルンゲンの歌』や北欧神話を題材に、ワーグナー自身が台本を手がけました。全体は、序夜「ラインの黄金」、第1日「ワルキューレ」、第2日「ジークフリート」、第3日「神々の黄昏」の4部から成り、上演に4日間、延べ約15時間を要します。ワーグナーは『指環』の理想的な上演のためにバイロイト祝祭劇場を建て、その地で毎年夏に開催される〈バイロイト音楽祭〉は、ワグネリアン(熱狂的なワーグナーファン)の聖地とされています。新国立劇場では、2001〜2004年、2009〜2010年に『指環』を上演しており、今回は新演出での3度目の上演です。

 「ワルキューレ」は『指環』全4部作のなかでもっとも人気が高い作品。ジークムントとジークリンデの禁断の愛、ヴォータンと愛娘ブリュンヒルデの永遠の別れなどがドラマティックに描かれます。「ワルキューレの騎行」をはじめ、ジークムントの「冬の嵐は過ぎ去り」「ヴォータンの告別」など、コンサートで演奏される機会の多い有名曲が多数含まれるところも聴きどころです。

 悲劇の英雄ジークムントを歌うのは、世界的なヘルデンテノールのステファン・グールド(Stephen Gould)。ジークムント役を舞台で演じるのは初めてとなり、期待が高まります。神々の長ヴォータン役は、今年3月の『サロメ』ヨハナーンの圧倒的な歌唱で聴衆を魅了したグリア・グリムスレイ(Greer Grimsley)。ブリュンヒルデ役は、ワーグナー・ソプラノとして第一線で活躍するイレーネ・テオリン(Iréne Theorin)です。また、ジークリンデ役に期待の若手ジョゼフィーネ・ウェーバー(Josefine Weber)が、そしてフリッカ役には新国立劇場でもおなじみのエレナ・ツィトコーワ(Elena Zhidkova)が迎えられます。

2016 / 2016シーズン オープニング公演
リヒャルト・ワーグナー: 楽劇『ニーベルングの指環』第1日
「ワルキューレ」(新制作)

東京 渋谷 新国立劇場 オペラパレス
全3幕(ドイツ語上演 / 字幕付)
2016年10月2日(日)14:00〜
2016年10月5日(水)17:00〜
2016年10月8日(土)14:00〜
2016年10月12日(水)14:00〜
2016年10月15日(土)14:00〜
2016年10月18日(火)17:00〜
www.nntt.jac.go.jp/opera/walkure/index.html
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015