ニュース

ディミトリ・フロム・パリ 日本アニメに“萌えラウンジ”を提供!!

2004/09/06掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 フランス生まれのパリっ子でありながら、日本アニメの熱狂的なマニアでもある、ディミトリ・フロム・パリ。そのマニア心が高じて、昨年発表のアルバム『クルージング・アティテュード』では、『マジンガーZ』や『ふしぎなメルモ』を“アニキ”こと水木一郎野宮真貴(元ピチカート・ファイヴ)をフィーチャーしてカヴァーするなど、そのオタク心はもはや留まること知らず。そんな彼が更なるオタク心を投じて、今度は日本アニメのオープニング曲を制作してしまったそうです。

 彼がオープニング曲を制作したのは、10月4日25時30分からテレビ東京系にて放送開始予定のアニメ『月詠(つきよみ)-MOON PHASE-』。同アニメは、月刊『コミックガム』にて連載されている有馬啓太郎氏の人気コミックが原作で、母親を捜し求めて日本へやってきた小さなヴァンパイアと、彼女の“シモベ”になってしまった青年の物語。“キャラ萌えラヴコメ”と“ヴァンパイアvs陰陽師のバトルアクション”の2つの魅力を兼ね備えた作品と、すでに評判を呼んでいる作品です。

 今回、ディミトリ・フロム・パリがオープニング曲として提供したのは「Neko Mimi Mode」という曲。その名からも想像出来るように、この曲は、日本の女子高生が「だいじょうぶで〜す」「ラヴラヴモ〜ド」と喋った声をサンプリングに使用して、彼の名を一躍有名にしたキュートな名曲「ラヴ・ラヴ・モード」のセルフ・パロディ的ナンバー。なんでも、主人公・葉月のチャーム・ポイントであるネコミミとクラブ・シーンを融合した“萌えラウンジ”なるジャンルを切り開くナンバーとなっているそうです(どんなだ?)。いろんな意味で大注目といえるシングル「Neko Mimi Mode」(VICL-35712 \1,155(税込)・写真)は10月21日にリリースされる予定。初回生産分のみ立体デジパック仕様でのリリースとなるそうです。今秋は“萌えラウンジ”に注目を!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015