ニュース

韓国・ソウルの夫婦エレ歌謡デュオ“Goldendoodle”が2月にジャパン・ツアーを開催

2019/01/08 13:20掲載
はてなブックマークに追加
韓国・ソウルの夫婦エレ歌謡デュオ“Goldendoodle”が2月にジャパン・ツアーを開催
 2014年に空気公団の韓国公演でオープナーを務め、翌年には「YOUNG, GIFTED & WACK」レーベルの創立3周年記念コンピレーション『3 Little Wacks』に参加して音源デビューを果たしているウミンとテソンの夫婦エレクトロニック歌謡デュオ“Goldendoodle(골든두들)”が、2月にジャパン・ツアーを開催。2月18日(月)に東京・阿佐ヶ谷 Soul玉Tokyoでの公演が決定しています。

 昨年10月に町あかり姫乃たまが開催した〈ポンチャック恩返し韓国ソウル弾丸ツアー〉でも両者と共演しているGoldendoodle。1980年代の歌謡曲 / ニューミュージックやCMソングなどを思わせるエレポップ楽曲群に加え、サウンド・ノヴェルなども発表しています。オフィシャルYouTubeチャンネルでは、人気曲「Tom Yum Goong Sunset(똠양꿍 선셋)」の日本語ヴァージョンや、日本語詞曲「あいらんど(Puppy ver.)」のミュージック・ビデオを公開中。

 2月18日の公演にはGoldendoodleに加え、昨年発表のミニ・アルバム『回転画』が好評のやなぎさわまちこayU tokiOと共に出演するほか、リーダーバンド・yoji & his ghost band角銅真実折坂悠太ラブミーバンドなどのサポートで知られる寺田燿児も出演。翌日の2月19日(火)には神奈川・川崎市内の老舗居酒屋にて三輪二郎が共演する“お楽しみ会”の開催も予定されています。




Goldendoodle
日本ツアー


2019年2月18日(月)
東京 阿佐ヶ谷 Soul玉Tokyo
出演: Goldendoodle(from 韓国) / やなぎさわまちこ / 寺田燿児(yoji & his ghost band)
開演 19:00 / 終演 21:00
予約 2,000円 / 当日 2,500円(税込 / 別途飲食オーダー)
※予約: 件名を「2月18日予約の件」とし、「お名前」「ご連絡先」を明記の上「sansujyuku[at]yahoo.co.jp」までご送信ください。


2019年2月19日(火)
“お楽しみ会”

神奈川 川崎市内酒屋店舗
出演: Goldendoodle(from 韓国)
ゲスト: 三輪二郎

19:00〜22:00
参加費 3,000円(ビールまたはソフトドリンクとおつまみ付)
※追加オーダーは各自オーダーでお願いします。
※参加希望: 件名を「2月19日お楽しみ会参加の件」とし、「お名前」「ご連絡先」を明記の上「sansujyuku[at]yahoo.co.jp」までご送信ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015