ニュース

チャン・イーモウ監督最新作「SHADOW / 影武者」9月劇場公開

チャン・イーモウ   2019/06/10 14:22掲載
はてなブックマークに追加
チャン・イーモウ監督最新作「SHADOW / 影武者」9月劇場公開
 『HERO』(2002年)、『LOVERS』(2004年)以来となる歴史活劇に再び挑む中国映画界の巨匠チャン・イーモウ監督の最新作「SHADOW」が、邦題「SHADOW / 影武者」として9月6日(金)より東京・TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。公開に先駆け、本予告映像と日本版ポスター・ヴィジュアルが公開されています。

 アジアを代表する巨匠・チャン・イーモウ監督が構想から撮影開始までに3年半の歳月をかけ、「自分が本当に撮りたい物語と巡り合った」と語る本作は、「三国志」の“荊州争奪戦”をダイナミックにアレンジした武侠アクション。頭脳明晰で武芸の達人でもある沛国の重臣・都督とその影武者の一人二役を『人魚姫』のダン・チャオが務め、都督の妻役を、歴史ドラマ『月に咲く花の如く』で〈第31回飛天奨〉“優秀女優賞”を受賞した、ダン・チャオと私生活でも夫婦であるスン・リーが演じています。

 太極図が描かれているポスター・ビジュアルには、一人二役を演じるダン・チャオと傘を手に佇むスン・リーの姿が光と影のグラデーションによって映し出されています。また、このたび公開された本予告映像には、領土奪還を願う沛国の重臣・都督の影武者が鋭い刃で作られた傘をふるい、炎国の将軍にして最強の戦士・楊蒼と対峙する緊迫感溢れる様子や、傘を剣盾に変え、独楽のように変幻自在に操る沛国軍のアクショーン・シーンが収められているほか、作品全体を通じて降らせた「雨」と、中国伝統の水墨画の世界を思わせる白と黒を基調とした世界観が巧みに表現され、作品への期待度が高まる映像に仕上がっています。


©2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing)Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED

「SHADOW / 影武者」
2019年9月6日(金)より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
shadow-movie.jp
配給: ショウゲート
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015