ニュース

電子楽器の歴史を知る〈電子楽器100年展〉国立科学博物館で開催

2019/11/21 14:39掲載
はてなブックマークに追加
電子楽器の歴史を知る〈電子楽器100年展〉国立科学博物館で開催
 ロシアの発明家、レフ・テルミンが世界初の電子楽器と言われるテルミンを発明してから100年。多彩な展示や公演、セミナーなどで、ポピュラー・ミュージックをはじめ、現在の音楽 / 音に欠かすことのできない電子楽器の過去と現在を知る〈電子楽器100年展〉が、12月3日(火)から12月15日(日)まで東京・上野 国立科学博物館で開催されます。

 レフ・テルミン、電子楽器をみずからの作品に積極的に取り入れ世界的な評価を得た冨田勲、電子楽器の開発に生涯を捧げ“イノベーター(革新者)”と称される梯郁太郎のヒストリーと功績を数々の展示品とともに知ることのできる〈電子楽器の偉人たち〉。大理石に囲まれた吹き抜けの中央ホールで、最新の電子楽器の技術を体感(セネステシア)できる〈電子楽器テーマ展示“セネステシア”〉(12月8日まで)。そのほか、竹内正実(テルミン)と大矢素子(オンド・マルトノ)によるコンサートや、冨田勲が音楽を手がけ、普段は手塚治虫記念館でのみ公開されている手塚眞監修のアニメーション「オサムとムサシ」の上映会など、多彩な催しが企画されています。詳細は国立科学博物館のウェブサイトをご覧ください。

国立科学博物館
www.kahaku.go.jp/
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015