ニュース

酒井一圭、金子昇らガオレンジャーキャストが20年振りにヒーローショーに出演 〈ガオフェス〉開催決定

酒井一圭   2021/07/21 13:04掲載
はてなブックマークに追加
酒井一圭、金子昇らガオレンジャーキャストが20年振りにヒーローショーに出演 〈ガオフェス〉開催決定
 純烈のリーダー、酒井一圭が総合プロデュースを務めるヒーローショー〈機界戦隊ゼンカイジャーVS百獣戦隊ガオレンジャー スペシャルバトルステージ〉が2021年8月1日(日)より、和歌山マリーナシティにて開催されます。開催に先駆けて7月14日、同ヒーローショーの音声収録内の為に東京都内某スタジオに『百獣戦隊ガオレンジャー』に出演していた金子昇堀江慶柴木丈瑠竹内実生、そして酒井一圭が集結。5人全員が一堂に会したのは20年ぶりで、収録の模様を撮影した動画はTwitterで大きな反響を呼びました。

 酒井Pの仕掛けはこれだけに留まらず、20年前の撮影時と同様に5人の声、息が変わらずに揃っている事を確認し、この公演期間中にあたる8月15日(日)に特別開催として、百獣戦隊ガオレンジャーの20周年を記念した、通称〈ガオフェス〉の開催も決定。この〈ガオフェス〉は、20年前、徹夜組が出るほどの大盛況が続いた東京・後楽園遊園地のスカイシアターでのヒーローショーの熱気を全国に伝えるべく、ガオレンジャーの出演キャストたちが、全国5都市を巡り、ヒーローショーを行なう〈百獣戦隊ガオレンジャー ファイナルライブツアー〉を20年ぶりに実現するもの。当時、全会場でほぼ100%の動員を達成するなどの盛況ぶりながら、関西圏での実施が叶わなかったことを受けた、20年越しのガオレンジャー・ファイナル・ライヴ・ツアーと言えます。

 2020年4月に行なわれた、ガオレッド役の金子昇のインスタ・ライヴへの酒井のゲスト出演をきっかけに、多数の視聴者から「ガオレンジャー復活」を求める声が集まり開催に至った、和歌山マリーナシティでの〈機界戦隊ゼンカイジャーVS百獣戦隊ガオレンジャー スペシャルバトルステージ〉。新型コロナウィルス感染拡大の中ではありますが、盤石な感染対策の上、希望者へは出演者全員との握手会や撮影会も行なわれます。また、ヒーローショーでは、敢えて台本が存在しないシーンを用意。キャストたちが役になりきったままアドリブでショーを展開するなど、観客達を20年前のガオレンジャーの世界へ誘うためのアイデアも盛り沢山となっています。

 また、あわせて〈ガオフェス〉の総合司会は、『特捜戦隊デカレンジャー』にて、デカピンク / 胡堂小梅役を演じた菊地美香が務めることも発表されました。自身もスーパー戦隊シリーズの出演者であり、シリーズに対して並々ならぬ愛情を持つ菊地が、ガオメンバー達とのヒーロートークを引き出します。40年以上に渡る東映ヒーローショーの歴史の中でも、異例中の異例、20年前の番組キャストが再集結し、再び変身する1日限りのヒーローショー〈ガオフェス〉。“総合プロデューサー”酒井一圭の挑戦に注目です。

[酒井一圭プロデューサー(ガオブラック / 牛込草太郎役) 特別コメント]
20年前、後楽園ゆうえんちスカイシアターでガオレンジャーを応援してくれた皆さんの熱狂は、ガオレンジャーファイナルライブツアーへと繋がり、全国主要都市に出向くことができました。そしてファンの皆さんと最高の思い出を作ることができました。東映関西の皆さんがあの時、大阪公演を実現できなかったことを今も悔やんでいらっしゃることを知り、『だったらやろうよ!』。なんとアッサリ!満場一致で実現の運びとなりました。皆さんに会いたい。それだけです。
8/15、和歌山マリーナシティ・ポルトヨーロッパ・アドベンチャーホールで僕と握手!ガオレンジャー一同、皆さんのご来場を心よりお待ちしております。







©2021 テレビ朝日・東映AG・東映 ©東映
©東映


機界戦隊ゼンカイジャーVS百獣戦隊ガオレンジャー スペシャルバトルステージ
toei.co.jp/release/event

和歌山マリーナシティ:
marinacity.com/marinacity

ガオフェス -20th Anniversary-
2021年8月15日(日)開催
1日3回公演 11:00〜 13:30〜 16:00〜
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015