ニュース

yonawo、bonobos、OLEDICKFOGGYら9組〈ハイライフ八ヶ岳2021〉第2弾発表

2021/07/29 14:36掲載
はてなブックマークに追加
yonawo、bonobos、OLEDICKFOGGYら9組〈ハイライフ八ヶ岳2021〉第2弾発表
 9月11日(土)、12日(日)に山梨県北杜市のサンメドウズ清里で開催される音楽フェス〈ハイライフ八ヶ岳2021〉の第2弾出演アーティストが発表されています。

 今回出演が発表されたのは、yonawo、bonobos、OLEDICKFOGGY、佐藤タイジ、辻コースケ、吉井盛悟、Bun Kalimba、MAHBIE、Auto&mstの9組。

 第1弾で発表されたクラムボン、渋さ知らズ“八ヶ岳”特別編、奇妙礼太郎、オオヤユウスケ×Salyu×勝井祐二、NABOWA、AAAMYYY、Michael Kaneko、なぎら健壱、マキタスポーツ、大宮エリーと合わせて、19組の出演が決定しました。

 また、個性豊かなメンバーによる多彩なトークプログラムが人気の同フェス。今回もゲストスピーカーに、高野孝子、四井真治、長野修平、萩原“ナバ”裕作、青木亮輔、シェルパ斎藤、ジョー横溝、南兵衛@鈴木幸一(主催者)が登壇することが発表されています。

 〈ハイライフ八ヶ岳〉は、地域コミュニティの元で開催される標高約1,600mの絶景の最高の自然環境から“日本一標高の高い絶景音楽フェス”と称されています。音楽ライヴの他にも、地域の食やクラフトを楽しめるマーケットやワークショップも行われ、会場にてキャンプインも可能で、晴れた日の夜には満点の星空を楽しむことができます。

 なお、2020年9月開催時にはコロナ禍にありながら約3000人を集めた広大な敷地と余裕ある地域は三密とはほぼ無縁、コロナ禍の時代を安心して楽しめるフェスとして実績を重ねています。

ハイライフ八ヶ岳2021
2021年9月11日(土)、12日(日)※雨天開催
山梨 サンメドウズ清里
hi-life.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015