ニュース

日本最大級のタコスチェーン・タコベルが日本初のブランドキャンペーンを実施

2021/09/08 17:12掲載
はてなブックマークに追加
日本最大級のタコスチェーン・タコベルが日本初のブランドキャンペーンを実施
 株式会社JFLAホールディングスの子会社である株式会社TBジャパンは、全米を中心に世界で7,000店舗以上を展開するアメリカ発のメキシカン・ファストフード「TACO BELL (以下、タコベル)」において、2021年9月8日(水)より、「タコス主義」をテーマにしたブランドキャンペーンを展開します。

 タコベルは、1962年にアメリカ・カリフォルニアで生まれた、メキシカン・ファストフードのブランドです。日本では渋谷の道玄坂店を旗艦店として、関東・関西エリアに合計13店舗を展開。日本最大級のタコスチェーンとして、タコスブームをけん引しています。

 ファストフード業界でオリジナリティ溢れる「メキシカン・ファストフード」ブランドとして、ユニークな商品を武器に独自の道を突き進むタコベル。今回のブランドキャンペーンでは、そんな“タコベルらしさ”を大切にするタコベルと同じように、自由に“自分らしさ”を楽しむスタイルを「タコス主義」と命名。「タコス主義」に込めたメッセージを表現したブランドムービーを通じて、タコベルのタコスの美味しさと「タコス主義」の魅力を日本の若者に向けて伝えていきます。また、毎週火曜日に特別価格の税込150円でタコスが楽しめるお得なプロモーション「タコチューズデー」も実施中です。

 なお、ブランドムービーの制作・公開については、日本では今回が初の試みとなります。タコベルの新しいチャレンジが盛りだくさんのブランドキャンペーンに、ぜひご注目ください。

 今回公開するブランドムービー「タコス主義」は、“自分らしさ”を大切にすることで、人生をより楽しいものにしてほしいというメッセージを軸に、タコベルのタコスならではの美味しさや楽しさを力強く個性的に描いた動画です。本ムービーを通じて、タコベルのブランドが持つ世界観やカルチャーを訴求しながら、自由に“自分らしさ”を楽しむことで生まれるオリジナリティを応援していきたいと考えています。

拡大表示拡大表示

 動画には、InstagramなどのSNSを中心に若者から支持を集める、日本最大級のフリースタイルフットボールチーム「Air Technician」リーダーのKazane(@kazaneflowerboy)、ダンサーのMei Matsuura(@mei_matsuura)を起用。タコベルらしいトーンで、2人がイキイキとタコスを楽しむ姿をお届けします。

拡大表示拡大表示

 注目は、ダイナミックな演出で、タコスのおいしさをシズル感たっぷりに表現したシーン。みずみずしいトマトやレタス、ジューシーなタコビーフなどの具材が、トルティーヤに包まれていき、レッドチェダーチーズやサワークリームが重なり合っていく様子を、躍動感あふれるカットでお届けします。また、インフルエンサーたちのナレーションや、合間に挟まれる力強いパフォーマンスも、高揚感を掻き立てます。

拡大表示拡大表示

 また、2人が出来上がったタコスに豪快にかじりつく姿も必見。とびきりの笑顔で美味しそうにタコスを頬張る様子をみていると、思わず一緒に食べたくなること間違いなし。タコスの魅力を大胆に描いた、食欲がそそられるムービーです。

拡大表示拡大表示

 また、タコベルでは、より多くの方にタコベルのオリジナリティ溢れるタコスを楽しんでいただくため、毎週火曜日に特別価格でタコスが楽しめるお得なプロモーション「タコチューズデー」も実施中です。「タコチューズデー」とは、アメリカで楽しまれている「火曜日にタコスを食べる」という習慣。アメリカでは、毎週火曜日に、さまざまなメキシコ料理のお店で割引やイベントがおこなわれ、タコスをお得に楽しむことができます。

 今回、タコベルでは、この「タコチューズデー」の習慣を日本でも広めるべく、過去に実施して大好評をいただいた割引企画を実施。毎週火曜日に、店頭での商品購入時にレジでタコベル公式LINEアカウントの「タコチューズデー」の画面を提示してくださった方に、通常290円(税込)のタコスを特別価格の150円(税込)で提供します(店舗購入限定)。

 とびきりのおいしさを誇るタコベルの人気商品を、ぜひこの機会に「お得に」お楽しみください。詳細は、「タコス主義」スペシャルサイトよりご確認いただけます。



タコベル「タコス主義」スペシャルサイト
tacobell.co.jp/tacoist

タコベル 公式LINEアカウント
lin.ee/wHLIiOi
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015