ニュース

マーベル新作『ホークアイ』がディズニープラスで日米同時配信 予告編&キー・ヴィジュアル公開

ジェレミー・レナー   2021/09/14 12:45掲載
はてなブックマークに追加
マーベル新作『ホークアイ』がディズニープラスで日米同時配信 予告編&キー・ヴィジュアル公開
 映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』をはじめ、メガヒットを連発しエンタメ史を塗り替えてきたマーベル・スタジオのオリジナル・ドラマ・シリーズ最新作『ホークアイ』が、11月24日(水)17:00よりディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)独占で日米同時配信されることが決定。あわせて、予告編とキー・ヴィジュアルが公開されています。

 本作は“アベンジャーズ”のオリジナル・メンバーの物語が描かれる初めてのドラマ・シリーズであり、『アベンジャーズ/エンドゲーム』後のホークアイの新たな物語を明らかにしたもの。ホークアイ=クリント・バートン(演: ジェレミー・レナー)は、『アベンジャーズ』や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』、そして『エンドゲーム』で、アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ソーらとともに、スーパーパワーこそ持たないものの神級の弓技を武器に数々の戦いに挑んできたアベンジャーズ創設メンバーである一方、妻と子を愛する“ごく普通の父親”の一面も持つ男。『エンドゲーム』では、最凶ヴィラン・サノスの“指パッチン”により愛する家族が消失したショックで闇落ちし、“ローニン”として悪党を抹殺する日々でしたが、日本で真田広之演じるヤクザと戦ったあと、ブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフの説得で“アベンジャーズ”に復帰、サノスとの最終決戦へと挑みました。

 本作は、『エンドゲーム』で大切な仲間を失いつつも勝利を手にした後の物語。来たるクリスマスを家族で過ごす約束をするなど、ようやく幸せで平穏な日々を手にしたホークアイが、“ローニン”時代の自身にもかかわる大事件を契機に戦いに巻き込まれていくさまが描かれます。

 このたび公開された予告編では、クリスマスムードに満ちたハッピーな音楽に包まれ世間が明るく盛り上がる中、愛する家族にクリスマスには戻ると約束しながら、次々にトラブルに巻き込まれていくホークアイの姿が映し出されます。自信家だけど弓の腕は確かな、ホークアイに憧れ、“アベンジャーズになりたい”ケイト・ビショップも登場。若さとやる気に溢れ、自分と対照的なケイトに戸惑うホークアイなど、ユーモアあふれるシーンも描かれ、2人の弓使いが神級の腕前で魅せるアクション・シーンもみどころ。凸凹コンビながら、事件解決に向けて謎の敵に挑んでいくホークアイとケイト。あわせて公開されたキー・ヴィジュアルでは、ホリデームードに染まるニューヨークの街を歩く2人が描かれています。クリスマスまでの日にちが迫る中、果たして、“アベンジャーズを辞めたい”ホークアイは次々に襲い来る敵を切り抜け、クリスマスまで生き残ることができるか……?そして家族との約束を果たすことはできるのか!? 究極のサバイバル・アクション超大作に期待が高まります。


© 2021 Marvel

『ホークアイ』
ディズニープラスにて2021年11月24日(水)より日米独占配信
disneyplus.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015