ニュース

フランス産メロディック・デス・メタル・バンド“デスティニティー”、新作『イン・コンティニュアム』リリース

2021/11/09 12:34掲載
はてなブックマークに追加
フランス産メロディック・デス・メタル・バンド“デスティニティー”、新作『イン・コンティニュアム』リリース
 強靭なメロディック・デス・メタルの中にもユニークな要素を加味したフランス産バンド、デスティニティー(DESTINITY)が、9年ぶりとなるニュー・アルバム『イン・コンティニュアム(In Continuum)』を12月22日(水)にリリース。

 プロデュース、ミックス、マスタリングにはヨナス・キェルグレンを起用(サバトンスカー・シンメトリーソニック・シンディケイト、THE ABSENCE、IN MOURNING等々)。

 最新作『イン・コンティニュアム』はこれまでのバンドのディスコグラフィーの中で最も深く、最も完成度の高いアルバムに仕上がりました。パンチあふれ、鋭いリフ、キャッチーなコーラス、オーケストレーションを伴うアンビエントなメロディと強固なグルーヴ・サウンド。リスナーの心を捉える多様性ある音は未来のメタル・ミュージックを提示しています。

 「Dawn Never Breaks」のギター・ソロではゲストとしてアンディ・ギリオン(モルス・プリンシピアム・エスト)が参加。エクストリーム・ミュージックを目指したバンドは1996年に結成。彼らの音楽には、妥協が一切なく、怒りに満ちた、独自のサウンドを保ちながら、常に進化し続けてきました。

 2005年に発表した『Synthetic Existence』でフランスのスラッシュ・デス・メタル・シーンの最前線に立ったバンドは、2008年の『The Inside』で世界へと飛び立ち、ヨーロッパを中心とした数々のツアーやフェスティヴァルでその扉を開きました。

 2010年『XI Reasons To See』、2012年の『Resolve in Crimson』とテクニカルで、充実のフックラインを聴かせ、バンドはさらなる成長と進化を見せます。バンド休止とメンバー各自の活動を経て作り上げられたのが、本作『イン・コンティニュアム』。メロディック・デス・メタルというスタイルを確立した彼らの容赦なく攻め込んでくるリフ、フックあるコーラス、そして記憶に残るメロディックなラインという独自のブレンドがますます際立っています。

■2021年12月22日(水)発売
デスティニティー
『イン・コンティニュアム』

CD BKMY-1115 2,500円(税込)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KERA、還暦記念ライブ直前インタビュー(よりぬき版)[インタビュー] illiomote 新たなモードのサウンドを詰め込んだEP
[インタビュー] ピアノYouTuberみやけん 待望の3rdアルバム![インタビュー] 加古 蓮/袈福新映像を追加した〈NHKスペシャル「映像の世紀コンサート」〉の聴きどころ見どころ
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015