ニュース

グラミー賞ノミネート中のパキスタン出身SSW、アルージ・アフタブがヴァーヴ・レコードと契約

2021/12/09 13:23掲載
はてなブックマークに追加
グラミー賞ノミネート中のパキスタン出身SSW、アルージ・アフタブがヴァーヴ・レコードと契約
 2021年4月にニュー・アムステルダム・レコードからリリースされたアルバム『Vulture Prince』で、グラミー賞の最優秀新人賞と最優秀グローバル・ミュージック・パフォーマンス賞にノミネートされているパキスタン出身のシンガー・ソングライター、アルージ・アフタブが、名門レーベル、ヴァーヴ・レコードと契約しました。

 アフタブはバークリー音楽大学を卒業し、現在の拠点は米ニューヨーク。これまでテリー・ライリーやパキスタンの女性シンガー、アビダ・パルヴィーンらの楽曲も披露しています。クラシックのミニマリズムとニューエイジ、エレクトロニック・トランス、ジャズの間を浮遊するような音楽が特徴で、グラミー賞にパキスタン出身の女性がノミネートされるのは史上初です。

 今回のレーベル移籍に際し、ニュー・アムステルダム・レコードの共同アーティスティック・ディレクターであるジャッド・グリーンステインは「アルージと2枚のアルバムを制作できたことは、私たちにとって大きな喜びでした。彼女は今日活躍している最も幅広い創造性を持ったアーティストの一人であり、私たちが常に深く尊敬しているレーベルであるヴァーヴとの新しい関係の下で、彼女がどのように発展していくのか期待しています」とコメント。また、ヴァーヴの最高責任者であるジェイミー・クレンツは「アルージをヴァーヴ・レコーズのファミリーに迎えることができて、とても誇りに思います。アルージは今回のノミネートで歴史に名を残しました。今後さらに多くのリスナーに彼女の音楽に触れてもらう機会を作る手助けができることを楽しみにしています」とコメントを発表してます。


Photo by Titouan Massé

アルージ・アフタブ official site
www.aroojaftabmusic.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015