ニュース

CLUB VIZELのイベント「NEO TOKYO」第2弾は世界中の巨大フェスに多数出演のMAKJが2公演開催

2022/04/15 15:30掲載
はてなブックマークに追加
CLUB VIZELのイベント「NEO TOKYO」第2弾は世界中の巨大フェスに多数出演のMAKJが2公演開催
 Coachella(コーチェラ)、Tomorrowland(トゥモローランド)などの大型フェスへの出演実績を持つMAKJ(マックジェイ)の来日が決定。5月4日(水・祝)、7日(土)に東京・CLUB VIZELで開催されます。

 注目のナイトスポット、東京・渋谷のCLUB VIZELで始動した世界のスターを東京にリアル来日させる大注目イベント「NEO TOKYO」。

 「NEO TOKYO」は海外の来日公演、ツアー、フェスなどが軒並みキャンセル、延期、閉店などが続いたコロナ禍真っ只中の2020年、デジタル配信公演、バーチャルでの新たらしいイベントの形が日常となった2021年を経て、国内に海外アーティストを迎えることが音楽ファンから期待されるなか、その最先鋒として始動したイベントです。

 その初回(4月9日)はビルボードTOP10入りの実績を持つTHOMAS GOLD(トーマス・ゴールド)を迎え、東京は渋谷の中心で約1,000名の集客を記録し東京のナイトライフの復活を祝いました。

 東京のカルチャーを生み出す渋谷の街、コロナ禍にその産声をあげた注目のナイトスポット「VIZEL」がバーチャル世界に殴り込むべくスタートしたNEO TOKYOは世界のスターをリアルに来日させ開催するリアル・イベント。以前は当前のように夜な夜な集い、音楽やその空間を楽しむカルチャーだった東京。その熱を再び体験したい、楽しんでもらいたい。そんな思いから2022年春に始動。熱狂的な夜に想いを馳せ、待ちくたびれ燻っていたダンスミュージックラバーやクラバーには必見のイベントです。

 MAKJ(マックジェイ)はCoachella、Tomorrowland、Voodoo、Electic ZooやULTRA MUSIC FESTIVALなど世界中の名だたるフェスティバルへの出演は当然ながら、前職は「カーレーサー」という異色なキャリアの持ち主。

 ステージ上だけでなく、現在最も人気のあるアーティストたちとのコラボレーション楽曲も世界各地で愛され、フロアを熱狂させ続けています。カリフォルニア育ちのMAKJは幼少の頃に中国へ移住。レース後に仲間たちとよく訪れたマカオのクラブでDJに魅了された若きMAKJはターンテーブルと中古のスピーカーを購入。YouTubeを教材とし、1日に16時間もの時間を費やし独学でスクラッチやDJ技術を学んだとのこと

 その後、ブートレグやマッシュアップの制作を精力的に行い、2013年に自身の楽曲「Countdown」を発表。その後毎回異なる相手と12曲をリリースし、高い評価を得ています。その他2014年のリルジョンと「Let’s Get Fucked Up」、the Bassjackersと「Derp」、2016年にはアンドリューW.K.&Timmmy Trumpetとの「Party Till We Die」、2018年はスティーヴ・アオキ、Deorro and Max Stylerと「Shakalaka」、Deorro and Quintinoと「Knockout」と立て続けに世に放ち注目を浴び続けています。

 このようにハードウェル、スティーヴ・アオキ、リルジョンなどビッグアーティストとのコラボ楽曲も多数あり、EDMの枠を越え、ヒップホップやラテンの音楽の要素も組み込むことに重点をおくことで世界中のダンスミュージックファンを虜にしています。

 VIZELでは、この日の楽曲予習をしてもらうべく、オフィシャル・プレイリストをSpotifyにて作成。当日をより楽しんで頂くためにもぜひ利用してほしいところです。

拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示




MAKJ feat NEO TOKYO
2022年5月4日(水・祝)、7日(土)
東京 CLUB VIZEL
Instagram: www.instagram.com/clubvizel
Twitter: twitter.com/clubvizel?s
LINE公式アカウント: lin.ee/vuxQxVG

「5/4&5/7 MAKJ feat NEO TOKYO」Spotifyプレイリスト
open.spotify.com/playlist
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝!
[インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム
[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015