ニュース

Beck『グエロ』を丸ごとリミックスしたアルバム登場

2005/10/20掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 デビューから10周年を迎えたBeckが今年3月に放った集大成的アルバム『グエロ』(写真)。日本でも大ヒットを記録したその本作を、さまざまなリミキサーが独自の解釈を元にリミックスしたアルバム『Guerolito』がリリースされることになりました!

 本作には、ボーズ・オブ・カナダビースティ・ボーイズのアド・ロック、ダスト・ブラザーズのジョン・キング、Octet、Mario Cらがリミキサーとして参加しており、『グエロ』収録曲全曲を丸ごとリミックスした内容となる予定。さらにジャケット・アートワークもオリジナルをリミックスしたものが採用されることになるそうです。リリースはUK盤が12月5日に、US盤が12月6日にそれぞれ予定されています。
続報
Beckのリミックス盤、収録曲判明
予定されているトラックリストが判明! Beck本人に加え、エール、El-P、8-Bitなどもリミキサーとして参加しているようです。

(01) E-Pro - remix by Homelife
(02) Que Onda Guero - remix by Islands
(03) Girl - remix by Octet
(04) Missing - remix by Air
(05) Black Tambourine - remix by Adrock (Beastie Boys)
(06) Earthquake Weather - remix by Mario C
(07) Hell Yes - remix by 8-Bit
(08) Broken Drum - remix by Boards of Canada
(09) Scarecrow - remix by El-P
(10) Go It Alone - remix by Superthriller
(11) Farewell Ride - remix by Subtle
(12) Rental Car - remix by John King (Dust Brothers)
(13) Emergency Exit - remix by Th' Corn Gangg
(14) Clap Hands - remix by Beck
[ 2005/10/28掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015