ニュース

アンドレア・ボチェッリ、最新作に豪華アーティストや息子とのデュエット曲を収録

アンドレア・ボチェッリ(Andrea Bocelli)   2018/09/21 12:20掲載
はてなブックマークに追加
 “世界最高峰のテノール”アンドレア・ボチェッリが、10月26日(金)に世界同時リリースする新作アルバム『Sì〜君に捧げる愛の歌』(原題: Sì / 限定盤 SHM-CD + DVD UCCS-9048 3,500円 + 税 / 通常盤 CD UCCS-1245 2,800円 + 税)のトラック・リストを公開。エド・シーランデュア・リパジョシュ・グローバンら豪華アーティストとのデュエット曲が収録されるほか、息子であるマッテオ・ボチェッリとのデュエット曲「フォール・オン・ミー」が、日本では11月30日(金)に公開される新作ディズニー映画「くるみ割り人形と秘密の王国」のエンド・クレジットで流れることも発表されています。

 友人でもあるアンドレアとシーランは、2017年12月に発表されチャート上位に食い込んだシーランの楽曲「パーフェクト・シンフォニー」での共演に続き、本作では新曲「君だけを愛す」(原題: Amo soltanto te)で共演。この曲はシーランによって書かれ、ティツィアーノ・フェッロが歌詞を担当しています。先行してシングル配信された「イフ・オンリー〜愛しいあなたへ」(原題: If Only)では、ポップス界のスター、デュア・リパと共演。「ウィ・ウィル・ミート・ワンス・アゲイン」ではクロスオーヴァー界のスーパースター、ジョシュ・グローバンと、そして「アヴェ・マリア・ピエタス」ではワールドカップ ロシア大会開会式でも歌唱したソプラノ歌手、アイーダ・ガリフッリーナと共演しています。

 「フォール・オン・ミー」(原題: Fall on Me)は、アンドレアの息子で現在20歳のマッテオとのデュエット曲。父子の共演により、親と子の絆を描く作品を歌い上げています。アンドレアは2人の声について「実際はとても違うが、最も似ている点は一つある。それは姿勢だ。声を通して自己表現をしようとするその特有の方法だ。このような点でマッテオと私に非常に似ている。でも、それはけっして学ぶことができないもの、教えることができないものだ。それは生まれ持ったものでしかない」とコメント。新作ディズニー映画「くるみ割り人形と秘密の王国」のエンド・クレジットで流れるこの曲は、7つの言語でシングルとして9月21日(金)に世界配信リリースされています。なお本アルバムでは、アンドレアのもう一人の息子であるアモスも、「ソノ・クィ(僕はここにいる)」(原題: Sono Qui)(I Am Here)と「自由の翼」(原題: Ali di Libertà)のアコースティック・ヴァージョンにピアノ演奏で参加しています。

■2018年10月26日(金)発売
アンドレア・ボチェッリ
『Sì〜君に捧げる愛の歌』

限定盤 SHM-CD + DVD UCCS-9048 3,500円 + 税
通常盤 CD UCCS-1245 2,800円 + 税

[収録曲]
01. 自由の翼
02. 君だけを愛す feat. エド・シーラン
03. 魂
04. イフ・オンリー〜愛しいあなたへ feat. デュア・リパ
05. グローリア〜命という贈り物
06. フォール・オン・ミー feat. マッテオ・ボチェッリ
07. ウィ・ウィル・ミート・ワンス・アゲイン feat. ジョシュ・グローバン
08. 僕はここにいる
09. めまい with ラファエル・グアラッツィ(ピアノ)
10. 生きる
11. 眠れ、眠れ
12. アヴェ・マリア・ピエタス feat. アイーダ・ガリフッリーナ
13. メディテーション *
14. 不純な蜂蜜 *
15. ソノ・クィ(僕はここにいる)(アコースティック・ヴァージョン)*
16. 自由の翼(アコースティック・ヴァージョン)*

* 限定盤のみに収録されるボーナス・トラック

[限定盤DVD]
イフ・オンリー〜愛しいあなたへ [Lyric Video]
イフ・オンリー〜愛しいあなたへ [Live at Alpemare]
フォール・オン・ミー feat. マッテオ・ボチェッリ[Music Video]
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015