ニュース

アンドレア・ボチェッリがアリソン・クラウス、チェチーリア・バルトリら豪華ゲストを迎えた新作を発表

アンドレア・ボチェッリ   2020/09/30 21:00掲載
はてなブックマークに追加
アンドレア・ボチェッリがアリソン・クラウス、チェチーリア・バルトリら豪華ゲストを迎えた新作を発表
 4月に「Music for Hope」と題したYouTubeライヴ配信をミラノ大聖堂から行ない、世界中で280万人が同時視聴、クラシックにおける史上最高の視聴数を記録したテノール歌手、アンドレア・ボチェッリ(Andrea Bocelli)が、ニュー・アルバム『Believe〜愛だけを信じて』(CD UCCS-1292 3,300円 + 税)を11月18日に発表します。

 「『Believe〜愛だけを信じて』のコンセプトは3つの言葉を基にしています。信じる心、希望、そして思いやりです。これはキリスト教の三元徳とされているものですが、同時に全ての人々の人生に意味を持たせる鍵となる重要なものです」とボチェッリが語るこのアルバムには、メゾソプラノ歌手チェチーリア・バルトリとのデュエットを2曲、ロバート・プラントとの〈グラミー賞〉を獲得したコラボレーション・アルバムでも知られるアリソン・クラウスとの「アメイジング・グレイス」のデュエットのほか、7月に亡くなった映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネの未発表曲、レナード・コーエン「ハレルヤ」のカヴァー、フランク・シナトラらが歌うスタンダード・ナンバー「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン」などを収録。スティーヴン・マーキュリオ、ハイドン・ベンドールとの共同プロデュースで制作されました。

 ボチェッリも、「アヴェ・マリア」「パドレ・ノストロ」という2曲を本作のために書き下ろし、これらの楽曲について「自分のことを作曲家だとは思っていませんが、ミュージシャンである私のもとには時折完全なハーモニーを伴ってメロディが舞い降りる瞬間があるのです。私の魂の戸をたたく音楽を、私は喜んで迎え入れます。そして紙にしたためて解放してやるのです」と語っています。

 「良い音楽は、平和と仲間意識の強力なメッセージを伝えるばかりではなく、私たちに美とは何かを教えてくれ、私たちの心を開く手助けをしてくれるのです」とボチェッリは語り、本作を魂を癒す作品と位置付けています。

Photo by Giovanni De Sandre



ユニバーサル ミュージック
www.universal-music.co.jp/andrea-bocelli
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015