ニュース

〈ドイツ・グラモフォン&デッカハイレゾ試聴会Vol.3〉開催 “ハイレゾCD”の試聴も予定

アンドリス・ネルソンス   2018/06/01 12:42掲載
はてなブックマークに追加
 2018年12月に創立120年を迎える「ドイツ・グラモフォン」と2019年に創立90年を迎える「デッカ」、2つのクラシック音楽名門レーベルによる最新アルバムや往年の名録音のハイレゾ音源をハイエンド・オーディオで試聴できる〈ドイツ・グラモフォン&デッカハイレゾ試聴会Vol.3〉が、2018年6月23日(土)東京・銀座 サウンドクリエイト ラウンジで開催されます。

 本試聴会では、オーディオ・ビジュアル評論家の麻倉怜士により、ハイレゾ音源とCD音源との比較試聴や、ハイレゾ音源の楽しみなどが解説されます。試聴予定のアルバムは、新録音の新譜からアンドリス・ネルソンス(Andris Nelsons)指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団による『ブルックナー: 交響曲第7番』(UCCG-1794)、メナヘム・プレスラー(Menahem Pressler)の『月の光〜ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ作品集』(UCCG-1792)、レイ・チェン(Ray Chen)の『ゴールデン・エイジ』(UCCD-1464)、ギャビン・グリーナウェイ(Gavin Greenaway)指揮ロンドン交響楽団による『ジョン・ウィリアムズ ライフ・イン・ミュージック』(UCCL-1202)を予定。アナログ・ステレオ録音からは、ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団による『ベートーヴェン: 交響曲全集』(1975-1977年録音)よりDSD&PCMハイレゾ音源を試聴します。そして6月20日(水)発売の“ハイレゾCD名盤シリーズ”からのタイトルも試聴の予定です。

 本試聴会には、抽選で30名が招待されます。使用予定機材や各機材についてのコメントなど、詳細はユニバーサル ミュージック ジャパンのWEBページにてご確認いただけます。

ドイツ・グラモフォン&デッカハイレゾ試聴会Vol.3
2018年6月23日(土)14:00〜(16:00終了予定)
東京 銀座 サウンドクリエイト ラウンジ
解説: 麻倉怜士(オーディオ・ビジュアル評論家)
www.universal-music.co.jp/classics/news/event20180623
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015