ニュース

上白石萌音×内澤崇仁(androp)の新曲が映画「L♡DK」主題歌に決定

androp   2019/01/24 13:54掲載
はてなブックマークに追加
上白石萌音×内澤崇仁(androp)の新曲が映画「L♡DK」主題歌に決定
 上白石萌音と内澤崇仁(androp)によるニュー・シングル「ハッピーエンド」が、3月21日(木)公開の映画「L♡DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」の主題歌に起用されることが決定。同楽曲を使用した映画の予告編映像がYouTubeにて公開されています。

 ドラマティックなメロディに恋する女の子の気持ちが詰まっている「ハッピーエンド」は、2月27日(水)にニュー・シングル「Koi」(初回限定盤 CD + DVD UPCH-7482 1,800円 + 税 / 通常盤 CD UPCH-5958 1,200円 + 税)をリリースするandropの内澤崇仁(vo,g)が同映画のために書き下ろした楽曲。一度聴くと離れない、キュンとなるシチュエーションがたくさん詰め込まれた歌詞となっています。

 上白石萌音が「ハッピーエンド」のデモ音源を聴き、「この曲を歌いたい」と熱望したことで2人による歌唱が実現。なお、内澤が上白石萌音へ楽曲を提供したのは、2017年7月発売の上白石萌音の1stアルバム『and...』に収録されている「ストーリーボード」以来、2度目となります。

初めてこの曲のメロディを聴いた時に、1回聴いただけなのにずっと頭からそのメロディが離れなくて「この曲を歌いたい」と、運命的なものを感じたのを覚えています。この曲の歌詞が本当にかわいいんです。
男性の内澤さんがなぜこんなにかわいい歌詞を書けるんだろう、なぜこんなに恋する女の子の心がわかるんだろうって。私もまだ経験したことがないくらいの、ドキドキとキュンキュンが詰まっています。
改めて「恋って素敵だな」と思うような、映画と「ハッピーエンド」になっていると思います。ぜひ、恋する気持ちを思い出したり、共感したりしながら、たくさんの方に楽しんでいただきたいです。

――上白石萌音

すごくいい映画でした。胸がキュンキュンして、とてもまぶしくて。
萌音さんも今までとは違う役柄にチャレンジされたと思うんですけど、それを完全に演じ切っていました。楽曲で僕が一番に重きを置いたのは、やはり萌音さんの初キスシーン。初めてって、一度しかないですよね。その初体験を歌詞でそのまま「キス」というワードにしたり、「照れた時に髪を触るクセがある」「ハンバーグが好き」と具体的に表現していくと同時に、萌音さんがこれからもずっと歌い続けてくれる普遍的な曲にしたいという想いも込めました。
すごく素敵な映画に、少しでも彩りを添えることが出来たらという想いで書いた曲です。
萌音さんの素晴らしい歌とともに、皆さんに届けばいいなと思います。

――内澤崇仁



「L♡DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」
2019年3月21日(木・祝)全国ロードショー
www.l-dk.jp

監督: 川村泰祐
脚本: 江頭美智留
出演: 上白石萌音 / 杉野遥亮 / 横浜流星 / 高月彩良 / 堀家一希 / 町田啓太
原作: 渡辺あゆ『L♡DK』(講談社「別冊フレンド」刊)
音楽: 遠藤浩二

配給: 東映

■2019年2月27日(水)発売
androp
「Koi」

初回限定盤 CD + DVD UPCH-7482 1,800円 + 税
通常盤 CD UPCH-5958 1,200円 + 税

[収録曲]
01. Koi
ほか
※「ハッピーエンド」の収録はありません
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015