ニュース

アントニオ・ロウレイロ・トリオ、ゴールドムンドらが出演〈THE PIANO ERA 2019〉開催

アントニオ・ロウレイロ(Antonio Loureiro)   2019/08/07 13:21掲載
はてなブックマークに追加
アントニオ・ロウレイロ・トリオ、ゴールドムンドらが出演〈THE PIANO ERA 2019〉開催
 オリジナリティ溢れる音楽を奏でるピアニストが世界中から集まり、2年に1度開催されるフェスティバル〈THE PIANO ERA 2019〉が11月30日(土)と12月1日(日)の2日間、東京・八雲 めぐろパーシモンホール 大ホールで開催されます。出演は、11月30日(土)がアントニオ・ロウレイロ・トリオニタイ・ハーシュコヴィッツ、カイル・シェパード、12月1日(日)がゴールドムンドハニャ・ラニ高木正勝

 アントニオ・ロウレイロはブラジル・サンパウロ出身のシンガー・ソングライター / マルチ奏者。ミナスジェライス連邦大学にて作曲と鍵盤打楽器を学び、ソロで活躍するほか、これまでにトニーニョ・オルタヘナート・モタ&パトリシア・ロバートら多くのミュージシャンと共演しています。

 ニタイ・ハーシュコヴィッツはイスラエル出身。同じくイスラエル出身のベーシスト、アヴィシャイ・コーエンのグループにシャイ・マエストロの後任として加入。自らのルーツとクラシックからの影響をうかがわせる美しく繊細な音色を聞かせます。2018年発表のアルバム『ニュー・プレイス・オールウェイズ』では、ポール・マッカートニーの2005年作『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード〜裏庭の混沌と創造』に収録する「ジェニー・レン」をカヴァーして話題を呼びました。秋に新作『LEMON THE MOON』を発表します。

 日本人ベーシスト、松永誠剛を迎えたプロジェクト「A Portrait of Home」でステージに立つカイル・シェパードは、南アフリカ・ケープタウン出身。2011年の初来日時には3日間の公演がソールドアウトとなりました。

 じつに10年ぶりの来日となるアメリカ人ピアニスト、キース・ケニフのプロジェクト「ゴールドムンド」はバークリー音楽大学で学び、Apple、Facebook、GoogleなどのCM音楽を手がけてきました。ゴールドムンド、本名のキース・ケニフのほか、ヘリオス、ミント・ジュレップの名でも活動しています。

 ポーランド北部のバルト海に面した町で生まれたハニャ・ラニは初来日。ワルシャワのアパートとレイキャビクのスタジオで制作した初のリーダー作『ESJA』を、ゴーゴー・ペンギンを輩出したことで知られる英マンチェスターのレーベル「Gondwana Records」から2019年春に発表しました。

 『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』といった大ヒット映画の音楽や多くのCM音楽でも知られる高木正勝は〈THE PIANO ERA〉に2013年の初回から連続出演しています。



THE PIANO ERA 2019
www.thepianoera.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015