ニュース

バービーボーイズ、ZEPP TOKYOにて白熱のライヴ! 新曲披露も

バービーボーイズ   2009/02/18 16:06掲載
はてなブックマークに追加
バービーボーイズ、ZEPP TOKYOにて白熱のライヴ! 新曲披露も
 現在、17年ぶりの全国ツアー中の“伝説”のロック・バンド、バービーボーイズ。2月17日(火)に、ZEPP TOKYOにてライヴを行ないました。

 昨年4月、テレビ番組での一夜限りの復活出演を機にメンバー間での交流が深まり、“RISING SUN ROCK FESTIVAL”、そして“SOUND MARINA”という2つの夏フェスで再結成を果たしたバービーボーイズ。その2回のライヴでの手応えと、オーディエンスからの熱い要望、そしてデビュー25周年を記念して過去の映像作品3タイトルがDVD化されてリリースされるといった周辺の盛り上がりも手伝い、17年ぶりとなる全国ツアーを行なうことに。

 当初発表された4公演は即日ソールド・アウト。急遽東京のみ追加公演の実施が決定となり、ZEPP TOKYOは、幸運にもチケットを手にすることができた満員のオーディエンス(2,700名!)の熱気で充満。期待感溢れる場内はライヴがスタートすると同時に一気にヒートアップし、感極まって泣き出すファンも見られ、拳を突き上げての大合唱が沸き起こりました。

 杏子が「ステージからみるととても良い風景じゃ! 余はとても満足じゃ!この5人でバービーボーイズ。この5人でLIVEを出来るのが最高!」と叫ぶと会場からは一際大きな歓声が。ライヴでは、往来の大ヒット曲「目を閉じておいでよ」「女ぎつね on the Run」などを含む、トータル2時間に及ぶパフォーマンスで、アンコールを含め全23曲の演奏を披露。杏子がストールとともにステージ狭しとクルクル廻るパフォーマンスで魅せると、いまみちともたかのギターソロ、KONTAのソプラノSAXなど往年のパフォーマンスでオーディエンスを魅了。さらにこの日のステージでは新曲も1曲披露!

 17年ぶりの全国ツアーとは思えない、迫力のある骨太なサウンドでバービーボーイズの健在ぶりを体感できる白熱ライヴを魅せたバービーボーイズ。2009年の活動に要注目!


最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015