ニュース

ベン・フォールズ、最新ソロ作の音圧改訂版(音楽ファイル付)と大学生によるア・カペラ作をリリース

ベン・フォールズ   2009/02/10 14:55掲載
はてなブックマークに追加
ベン・フォールズ、最新ソロ作の音圧改訂版(音楽ファイル付)と大学生によるア・カペラ作をリリース
 日本独自企画によるキャリア総括のベスト・アルバムが話題を集めるなか、ベン・フォールズ(Ben Folds)の企画アルバム2作が海外でリリース決定!

 2月10日に米国で発売された『Stems & Seeds』(写真)は、最新ソロ作『ウェイ・トゥ・ノーマル(Way To Normal)』の音圧改訂版ディスクと、音楽ファイル・ディスクがセットになったたもの。音圧改訂版ディスクは、「近年のレコード業界は、カーステレオやiPod、ラジオでの再生に長けている“音圧の大きい”録音が主流で、『ウェイ・トゥ・ノーマル』も意図的に音を大きくした。が、私のファンの多くはハイファイ愛好家であるため、あまり圧縮されていないヴァージョンが聴きたいという多くのリクエストがあった。オリジナル・ヴァージョンに関わったプロデューサーやエンジニアに最大限の敬意を払いつつも、心からの人民主義者である私は、昔ながらの静かでダイナミックな音を好む人たちのために、わずかに異なるアプローチで録音したアルバムを出すことにした」という意図で作られたものです。また音楽ファイル・ディスクでは、クリックするだけで『ウェイ・トゥ・ノーマル』を好きなようにアレンジできるとのこと。ドラムの音を消したり小さくしたり、ヴォーカルを消して自分で歌ってみたりすることも可能で、また「You Don't Know Me」では特別なループも入っているそうです。

 また4月7日(米国)には、ベンがプレゼンツするアルバム『Ben Folds Presents: University A Acapella!』も発売される予定。その名のとおり、大学生によるベン・フォールズ(およびベン・フォールズ・ファイヴ)楽曲のア・カペラ・アルバムです。すでに特設ページでは、アルバムに関連した動画視聴も可能となっていますので、どんな仕上がりになっているのか、気になる方なら訪れてみては?


『Stems & Seeds』
≪ディスク1≫
1. Effington [Isolated Audio Track]
2. Frown Song [Isolated Audio Track]
3. Dr. Yang [Isolated Audio Track]
4. You Don't Know Me [Isolated Audio Track]
5. Free Coffee [Isolated Audio Track]
6. Cologne [Isolated Audio Track]
7. Bitch Went Nuts [Isolated Audio Track]
8. Hiroshima [Isolated Audio Track]
9. Kylie from Connecticut [Isolated Audio Track]
10. Errant Dog [Isolated Audio Track]
11. Brainwascht [Isolated Audio Track]

≪ディスク2≫
1. Effington
2. Frown Song
3. Dr. Yang
4. You Don't Know Me
5. Free Coffee
6. Cologne
7. Bitch Went Nuts
8. Hiroshima
9. Kylie from Connecticut
10. Errant Dog
11. Brainwascht
12. Cologne [Piano Orchestra Version]
13. Bitch Went Nutz
14. Way to Normal
15. Free Coffee Town
16. Lovesick Diagnostician
17. Frowne Song (Feeble Anthem)
18. You Don't Know Me [Conan O'Brien Rehearsal]
19. Hiroshima [Japanese Version]
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則
[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり
[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015