ニュース

ジャパニーズ・ロック・モンスターBoris、ベスト盤的変奏曲集をリリース!

Boris   2010/06/02 14:19掲載
はてなブックマークに追加
 昨年のJim Jarmusch(ジム・ジャームッシュ)監督作品『リミッツ・オブ・コントロール』サウンドトラック担当に続き、本年は中島哲也監督、松 たか子主演映画『告白』サウンドトラックRADIOHEAD(レディオヘッド)AKB48渋谷慶一郎やくしまるえつこ&永井聖一などと共に参加、話題を呼んでいるジャパニーズ・ロック・モンスター、Boris。彼らの魅力のひとつである“ヘヴィロック”に焦点を絞った、ベスト盤的選曲の再録音変奏曲集『Variations』がリリース!CDのみヴァージョン(DYMC-124 税込1,890円)、ライヴの模様を収めたDVDとの2枚組ヴァージョン(DYMC-125 税込3,780円)の2タイプで発売。

 幽玄なイントロに続き、“俺はすべてを殺す”のフレーズが強力な『Heavy Rocks』収録の1曲「Korosu」からスタートする本作。ドラムAtsuo氏の雄叫びもこだまする爆音ヘヴィ&爆走スタイルでのBoris楽曲のみを選曲した痛快な1枚で、“きっとかっこいいに違いないが、何を聴けば良いのやら……”とお悩みのBorisビギナーにぴったり! 単なるベスト盤ではなく、ライヴのサポート・メンバーとしておなじみ栗原ミチオTHE STARS / GHOST)を迎えた新録5曲、日本初出4曲、初CD化ヴァージョンも収録で、ダイハードBorisファンも見逃せません!

 2枚組ヴァージョンのDVD2008年12月に東京・代官山unitにて行なわれたワールド・ツアー・ファイナルの模様を収録。世界を狂喜させた彼らの堂々たる凱旋をお茶の間でも!

 先日はLou Reed(ルー・リード)Laurie Anderson(ローリー・アンダーソン)がキュレーターを務めたオーストラリアでのフェスティヴァル〈Vivid Live festival〉に出演。7月からはUS / カナダ・ツアー、9月にはSUNN O)))とともにジャームッシュがキュレーターを務める〈ALL TOMORROW'S PARTIES〉への出演が予定されているBoris。世界を震え上がらせる彼らの活躍、未体験の方は迷わず本作をお手に取るべきです!


Boris『Variations』
01.イントロ(Edit) / from『あくまのうた』 #
02.Korosu / from 『Heavy Rocks』 *
03.PINK / from 『PINK』
04.スクリーンの女 / from 『PINK』
05.昨日の朝 / from 『マブタノウラ』
06.虹が始まるとき / from 『Rainbow』 Boris with Michio Kurihara *
07.a bao a qu / from 『マブタノウラ』 *
08.Statement / from 『SMILE』 #
09.My Neighbor Satan / from 『SMILE』 #
10.Floor Shaker / from 7inch Single 『Statement』 #
11.無き曲 / from 『あくまのうた』 *
12.1970 / from 『Heavy Rocks』 *
13.決別(Full Length) / from 『PINK』 +
*新録
#日本初出
+初CD化
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015