ニュース

ファン大熱狂! BUCK-TICK、8年ぶりにスペイン坂に登場

BUCK-TICK   2009/02/09掲載(Last Update:09/02/10 12:37)
はてなブックマークに追加
 今年、デビュー22年目を迎えたBUCK-TICK。去る2月7日(土)、なんと8年ぶりに東京・渋谷のスペイン坂サテライトスタジオに出演! 当日は、ライヴ会場以外ではなかなか会うことのできないメンバーを一目見ようと、約500人のファンが長蛇の列を作り、スペイン坂スタジオは熱狂に包まれました。

 2月18日にリリースされるアルバム『memento mori』PRのため、TFM/JFN38局ネット『TOYOTA SOUND IN MY LIFE』(毎週土曜15:00〜放送)にヴォーカルの櫻井敦司と、ギターの今井寿が約40分間の生放送に出演。彼らの生の姿をライヴ以外で見ることのできる機会は滅多になく、その貴重なチャンスを逃すまいと全国からファンが押し寄せ、スペイン坂は一時騒然。櫻井、今井が登場すると期待感が高まり、興奮状態のスペイン坂スタジオはさらにヒート・アップ。歓声とともに黄色い悲鳴が上がりました!




 番組では、1987年のデビュー時を振り返り、今井の家をたまり場に、皆で当時全盛をほこっていたBOΦWYスターリン一風堂などを聴いていたことや、櫻井はもともとドラマーだったなど、貴重なエピソードを紹介。

 1987年の自分に一言言うなら?という質問には、「一緒に酒や飯にでも行こう。こんな風になるんじゃないぞ。逆にデビュー当時の自分が何を考えていたか聞きたい」(櫻井)、「そのままで大丈夫。でも、あんまり調子に乗ると大変な事になるぞ」(今井)との回答。




 感極まって泣き出してしまうファンもいるなか、2人は笑顔で手を振るなど、照れながらも丁寧にファンの声援に応えていました。また8年振りのスペイン坂の感想として、「わざわざスペイン坂まで来てくださった、ファンのみなさまに一言御礼を申し上げます」(櫻井)、「僕は初めてのスペイン坂出演だったので、なかなか面白かったです」(今井)とコメントしています。

 オリジナルとしては17枚目となる最新アルバム『memento mori』は、先行シングル「HEAVEN」「GALAXY」も含むの全15曲入り。前作から引き続き、スピード感のある楽曲を前面に押し出し、さらなる進化を遂げてたBUCK-TICK。もちろん注目です。


※2月18日発売
●BUCK-TICK『memento mori』
初回生産限定盤:BVCR-17074〜5 税込3,990円)
通常盤/CDのみ:BVCR-11127 税込3,059円)
1 真っ赤な夜-Bloody-
2 Les Enfants Terribles
3 GALAXY
4 アンブレラ
5 勝手にしやがれ
6 Coyote
7 Message
8 Memento mori
9 Jonathan Jet-Coaster
10 スズメバチ
11 Lullaby-
12 MOTEL 13
13 セレナーデ -愛しのアンブレラ-Sweety-
14 天使は誰だ
15 HEAVEN
・抽選特典応募券封入『2008年武道館ライヴ・フォトパネルを50名様にプレゼント!』
・特典DVD付 (レコーディングドキュメンタリー収録)
・SHM-CD仕様 (一般のCDプレイヤーで再生できる高音質CD)
・スペシャルパッケージ仕様

“BUCK-TICK TOUR2009 memento mori”
4/3(金) 川口リリアメインホール
4/5(日) 千葉県文化会館大ホール
4/10(金) 群馬音楽センター
4/12(日) 栃木県総合文化センターメインホール
4/16(木) 新潟市民芸術文化会館 劇場
4/17(金) 金沢市文化ホール
4/19(日) 長野県県民文化会館中ホール
4/29(水・祝) 静岡市民文化会館
5/9(土) 神戸国際会館こくさいホール
5/10(日) 京都会館第1ホール
5/16(土) 福岡市民会館
5/17(日) 熊本県立劇場 演劇ホール
5/23(土) アルファ・あなぶきホール・小ホール
5/24(日) 広島アステールプラザ大ホール
5/29(金) 郡山市民文化センター中ホール
5/31(日) 札幌市教育文化会館
6/6(土) 大阪厚生年金会館大ホール
6/7(日) 大阪厚生年金会館大ホール
6/10(水) 大宮ソニックシティ
6/14(日) 神奈川県民ホール
6/19(金) 愛知県勤労会館
6/21(日) よこすか芸術劇場 
6/26(日) 仙台イズミティ21
7/1(水) NHKホール
7/2(木) NHKホール
※チケット発売日:2009年3月7日
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015