ニュース

キャット・パワー、3枚目のカヴァー・アルバム『Covers』を2022年1月に発表

キャット・パワー   2021/10/11 13:35掲載
はてなブックマークに追加
キャット・パワー、3枚目のカヴァー・アルバム『Covers』を2022年1月に発表
 30年以上にわたる活動を通し、唯一無二の存在感を示してきたショーン・マーシャルのソロ・ユニット“キャット・パワー”が、カヴァー・アルバム『Covers』を2022年1月14日(金)に発表します。このアルバムからフランク・オーシャンのカヴァー「Bad Religion」とポーグスのカヴァー「A Pair Of Brown Eyes」が公開中。キャット・パワーのカヴァー・アルバムは、『The Covers Record』(2000年)、『Jukebox』(2008年)に続き通算3枚目です。

 『Covers』においてマーシャルは幼少期から現在までに影響を受けてきた数々の楽曲を振り返っており、それぞれの歌が彼女の私的な思い出に深く結びついています。ビリー・ ホリデイの「I'll Be Seeing You」は祖母が愛聴しており、キティ・ウェルズの「It Wasn't God Who Made Honky Tonk Angels」は10代のころにカセットテープが詰まった箱を見つけて運命的な出会いをした一曲。さらに、1986年のマイケル・ハッチェンス出演の映画『ドッグ・イン・スペース』でイギー・ポップの「Endless Sea」を聴いて震えるほど興奮したことや、貧しいアーティストとして米ニューヨークで過ごしていた20代のころにモナズ・バーのジュークボックスになけなしの金を払ってリプレイスメンツの「Here Comes a Regular」を聴いた思い出などを詰め込みました。人生でもっとも好きな曲のひとつと語るポーグスの「Pair of Brown Eyes」をレコーディングし、癌で亡くなったひとりの友人を思い出した彼女は、他者を失った悲しみから立ち直るきっかけになるようにとボブ・シーガーの「Against the Wind」を歌っています。

 マーシャルは、ニコニック・ケイヴといったロックンロールを象徴するアーティストをカヴァーするだけでなく、誰にも真似のできないパワフルなヴォーカルと洗練されたアレンジの技を現代のアーティストたちの楽曲でも発揮し、デッド・マンズ・ボーンズの「Pa Pa Power」の反骨精神やラナ・デル・レイの「A White Mustang」の幻想的な雰囲気を見事に表現。また、アルバムはフランク・オーシャンの「Bad Religion」の輝かしいカヴァーで幕を開けますが、この曲について彼女は「私は、神がいかなる名前で呼ばれようとも、その存在を信じている……。だからといって、このような宗教の名の下に人類に対して恐ろしい行為を実施した卑劣な人間たちを特別視するべきではないと思う」と語っています。

 そして今回の『Covers』で、絶えず進化を続けるアーティストであるマーシャルは、自身の曲である「Hate」の改変に取り組みました。この歌は2006年のアルバム『The Greatest』に収録されたもので、曲中で彼女は「自分のことが大嫌いで死んでしまいたい」と歌っていました。マーシャルによれば、このトラックについてはずっと「不本意」だという気持ちがあり、そこで今回「Unhate」というタイトルで再構成することにしたとのこと。この新しいヴァージョンは、原曲の未熟な乱暴さを現在地から振り返るものになっています。「誰にでも荒れた時代はある」と彼女は言い、「誰もが問題やトラウマといったものを抱えている。そういう気分に陥ることは誰にでもあるだろう。それでも私はこの曲をあるべき姿に変えなくてはならなかった」と語っています。

 『Covers』はすべてマーシャルのセルフプロデュースによって制作。レコーディングはロサンゼルスのMantスタジオにて、ミキシングとエンジニアリングを担当するロブ・シュナフとともに実施されました。

 待望の最新作『Covers』は2022年1月14日にリリース。国内盤CDには解説・歌詞対訳が封入され、ボーナストラックが収録されます。LPは通常のブラック・ヴァイナルに加え、限定のゴールド・ヴァイナルも発売されます。




最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015