ニュース

ダイアナ・クラール、3年ぶりの来日公演を11月に開催

ダイアナ・クラール(Diana Krall)   2019/07/22 12:09掲載
はてなブックマークに追加
ダイアナ・クラール、3年ぶりの来日公演を11月に開催
 2018年9月にトニー・ベネットとのデュエット・アルバム『ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ』を発表した、ジャズ・シンガー / ピアニストのダイアナ・クラール(Diana Krall)が11月に3年ぶりの来日公演を開催。

 公演には、クラール(vo、p)のほか、2016年の来日公演にも帯同していたアンソニー・ウィルソン(g)、カリーム・リギンス(ds)と、OTBやマルサリス兄弟との共演でも知られるロバート・ハースト(b)が出演。

 公演は11月5日(火)から7日(木)の東京・渋谷 Bunkamuraオーチャードホールを皮切りに、石川・金沢 本多の森ホール、11月11日(月)広島・広島上野学園ホール、11月13日(水)大阪・中之島 フェスティバルホールの全4ヵ所6公演で、チケットはS席が15,000円、A席が14,000円(税込)。チケットの発売日などの詳細はウドー音楽事務所のウェブサイトをご覧ください。

 クラールは1995年にデビュー。96年のアルバム『オール・フォー・ユー: ナット・キング・コールへ捧ぐ』が全米ジャズ・チャートで1位を獲得し、100週にわたってランクインする大ヒットに。99年のアルバム『ホエン・アイ・ルック・イン・ユア・アイズ』は〈グラミー賞〉で“最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム”と“最優秀エンジニア・アルバム”の2部門を受賞しました。2003年にはエルヴィス・コステロと結婚、双子の母親になっています。その後も音楽活動を続け、2017年に、トミー・リピューマのプロデュースでソロ名義としては最新作『ターン・アップ・ザ・クワイエット』を発表しています。



DIANA KRALL JAPAN TOUR 2019
udo.jp/concert/DianaKrall
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集
[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015