ニュース

EMI MARIA、JAY'EDとのコラボを発表!

EMI MARIA   2009/10/01 14:41掲載
はてなブックマークに追加
EMI MARIA、JAY’EDとのコラボを発表!
 配信限定シングル「One Way Love」でのメジャー・デビューを前に、「レコチョク」では着うた(R)ウィークリーチャート4位(9月30日付)という快挙を達成したEMI MARIA。大きな注目を集めている彼女が、今度は同じく旬なJAY'EDとのコラボレーション楽曲の制作を発表! そして、コラボレーション楽曲の披露が、2人のホームともいえる関西、大阪はTOWER RECORDS 梅田NU 茶屋町で行なわれることに。

 今でこそ世間から熱い注目を集める2人ですが、その出会いは約3年前。mix CDに入っていたJAY'EDの歌声に初めて触れて以来、その歌声に惹かれていたEMI MARIA。2006年12月、ライヴ・ハウスで初めて出会い、2008年にはライヴでDonny Hathaway「This Christmas」を共にカヴァーし歌唱するなど、その親交を深めていったとか。

 以前より何か一緒に出来ないかとタイミングを計っていたそうですが、今回、雑誌の対談がきっかけでコラボが実現。JAY'EDから「どうせやるならガッツリと、2人にしか出来ない楽曲にしたい」とのオファーを受け、EMI MARIAがトラックを提供。そこにJAY'EDがメロディを乗せ、約半年の時間をかけできたのがコラボ曲「Luv is... feat. EMI MARIA」。この曲は、10月28日にリリースされるJAY'EDの1stアルバム『MUSICATION』に収録されます! さらにそれぞれのリリースを記念して、2人の地元である関西を初歌唱の場として選び、コラボ・ライヴが実現する運びに。

 今回のイベントは、10月17日(土)17:00からTOWER RECORDS梅田NU茶屋町店にて開催。今後日本のR&Bシーンを牽引していくであろう2人の共演を楽しめる、非常に貴重な機会となることは間違いありません!


<EMI MARIAからのコメント>
「数多くいるシンガーの中で、ずっと“一緒に何かやってみたい”と思っていた方なので楽曲参加もコラボ・ライヴも決まった時は相当テンション上がりました!! 一人のシンガーとしても、一人のJAY'ED君のファンとしても、このコラボ・ライヴを目一杯楽しみたいと思ってるので皆さんもぜひ遊びに来てください!!」
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015