ニュース

アンドレア・モティスとアルフレッド・ロドリゲス出演“インターナショナル・ジャズ・デイ”特別公演開催

エリック宮城   2019/03/22 11:59掲載
はてなブックマークに追加
アンドレア・モティスとアルフレッド・ロドリゲス出演“インターナショナル・ジャズ・デイ”特別公演開催
 トランペット奏者エリック・ミヤシロが音楽監督を務めるブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラが、スペシャル・ゲストにスペイン出身のシンガー / トランペット奏者のアンドレア・モティス(Andrea Motis)と、キューバ出身のピアニスト、アルフレッド・ロドリゲス(Alfredo Rodriguez)を迎えて、“インターナショナル・ジャズ・デイ”を祝う特別公演を4月30日(火・祝)東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて開催します。

 インターナショナル・ジャズ・デイは、2012年にユネスコと、ユネスコ親善大使のジャズ・ピアニスト、ハービー・ハンコックによって毎年4月30日に制定。アメリカ最高峰のジャズ教育機関であるセロニアス・モンク・インスティテュート・オブ・ジャズとユネスコが、ジャズを通じて世界のさまざまな文化に対する理解を深め、全世界195のユネスコ加盟国をはじめ、いまだ十分に教育を受けることのできない地域に住む少年少女たちにジャズを伝えていくことを目的としています。

 ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラは2013年に発足。〈スイス・モントルー・ジャズ・フェスティヴァル〉出演やパット・メセニーデヴィッド・サンボーンマーカス・ミラーといったトップ・アーティストとのコラボレ―ションでも話題を集めています。本公演には、クインシー・ジョーンズによって発掘されたモティスとロドリゲスの2人の若き気鋭アーティストが出演。座席の予約は、Jam Session会員が3月27日(水)、一般Web先行が4月3日(水)、一般電話が4月6日(土)よりそれぞれ受付開始。詳しくはBLUE NOTE TOKYOのオフィシャル・サイトにてご確認ください。

ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラ
directed by エリック・ミヤシロ
featuring アルフレッド・ロドリゲス&アンドレア・モティス

www.bluenote.co.jp/jp/artists/bnt-all-star-jazz-orchestra

2019年4月30日(火)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
1st 開場 16:00 / 開演 17:00
2nd 開場 19:00 / 開演 20:00
チャージ 8,500円(税込 / 飲食代別)

[メンバー]
エリック・ミヤシロ(to, cond)
本田雅人(sax)
近藤和彦(sax)
小池 修(sax)
庵原良司(sax)
鈴木 圭(sax)
西村浩二(tp)
小澤篤士(tp)
二井田ひとみ(tp)
高杉和正(tp)
村田陽一(tb)
半田信英(tb)
フレッド・シモンズ(tb)
朝里勝久(tb)
青柳 誠(p)
納 浩一(b)
高橋信之介(ds)
アルフレッド・ロドリゲス(p)
アンドレア・モティス(vo, tp, as)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015