ニュース

フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの1stがDVD付でリマスター盤化!!

フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド   2003/10/27掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 “極秘来日”というわりには多くの報道陣が詰め寄せたような気がする“t.A.T.u.”でありますが、そのt.A.T.u.の世界戦略におけるサウンド部門での仕掛け人であり、また、その不思議な組み合わせが評判となったものの、よくよく聴いてみれば意外とマッチしているような気がする、ベル・アンド・セバスチャンの最新作をプロデュースした人物といえば、あの元バグルスイエスの“トレヴァー・ホーン”のこと。そんなトレヴァー・ホーンが、かつて、t.A.T.u.のように世間に「今聴かないとマズイぞ!」と仕掛けたグループといえば、今ではすっかり忘れ去られてしまった感がありつつも当時は一世を風靡していた、こちらはゲイな“フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド”。そんな彼らのデビュー・アルバム『プレジャードーム』(写真)には、イエス繋がりでスティーヴ・ハウまでもがゲスト参加してしまった、まるでプログレみたいに10分以上あるタイトル・トラックや、SMがテーマの「リラックス」など、今聴いても十分楽しめる魅力たっぷりな楽曲が詰まっているのですが、そんな同作品の新たなリマスター盤が、ボーナス・ディスクとしてDVDを付属して、USにて11月10日にリリースされることになった模様です。

 過去にもリマスター盤がリリースされたことがある今作ですが、今回は新たに5.1サラウンド・サウンド仕様でのリマスター盤化が行なわれた模様で、以前のリマスター盤化時にもボーナス・トラックとして収録されていた「One September Monday」と「One February Friday」の2曲が今回も同じく収録される予定とのこと。また、今回の目玉であるボーナス・ディスクのDVDには、彼らの代表曲である「プレジャードーム」「リラックス」「トゥ・トライブス」「パワー・オブ・ラヴ(愛の救世主)」の4曲のビデオ・クリップが収録されることになる模様で、なかでも米ソ冷戦時代を皮肉ったゴドレイ&クレーム制作の「トゥ・トライブス」のビデオ・クリップは、今観てもかなりの衝撃受ける内容なので必見です。今のところ日本盤化の予定は未着ではありますが、日本でもブームを呼んだグループなだけに、是非とも日本盤化に期待したいところです。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015