ニュース

藤井フミヤ、111回目の武道館で40周年記念ツアー閉幕 「40年間、歌わせていただいてありがとうございます」

藤井フミヤ   2024/06/11 12:35掲載
はてなブックマークに追加
藤井フミヤ、111回目の武道館で40周年記念ツアー閉幕 「40年間、歌わせていただいてありがとうございます」
 藤井フミヤが、6月9日の日本武道館にて、2023年9月よりスタートした、47都道府県を巡る40周年記念ツアー〈40th Anniversary Tour〉のファイナルを迎えました。

 藤井フミヤの武道館公演は今回で111回目。“チェッカーズ”、“F-BLOOD”“ソロ”、そしてこれまでを総括したパート、アンコールと5つのパートに分かれた構成で、オープニング曲「ギザギザハートの子守唄」を含むチェッカーズ・ナンバーや、実弟の藤井尚之とのユニット“F-BLOOD”でのパフォーマンス、アンコールでの恒例の「紙飛行機」まで、2時間半にわたるステージで、集まった14,000人のオーディエンスを沸かせました。

 なお、この日の模様は、WOWWOWで生中継されており、6月11日(火)23:59までアーカイブ視聴が可能です。放送日程などは、WOWOWオンデマンドの公式ページをご確認ください。

[オフィシャル・レポート]
 藤井フミヤが6月9日(日)に日本武道館でコンサートを開催し、集まった14000人のオーディエンスを沸かせた。

 1983年9月、チェッカーズでデビューした藤井フミヤは、2023年9月23日の愛知県芸術劇場を皮切りに、全国47都道府県全てを廻る「40th Anniversary Tour」を開催。全60公演で116,000人を動員。この日、40周年記念イヤーを締めくくる61本目(奇しくもフミヤの年齢と同じ)のファイナル公演。フミヤにとってバンド時代から通算して111回目の日本武道館公演となった。

 40周年イヤーのファイナル、ゾロ目の111回目となる記念すべきこの日の武道館は、アリーナ・エリアの中央に巨大な円形ステージが置かれた。360°に向けて組まれているので、どの席からもバンドを正面に見られ、八角形の日本武道館ならではの特設ステージだ。開演前に場内に流れるのは、チェッカーズがデビューした頃のホール&オーツ、ヴァン・ヘイレン、スタイル・カウンシルらの洋楽ヒット曲が流され、観客のモードは40年前に誘われる。

〈ブロック / THE CHECKERS〉
 中央の円形ステージを取り囲むように真っ白な緞帳が吊られており、中の舞台は客席から見えない。17時6分、場内が暗転し緞帳にはメンバーのシルエットが映し出される。オーディエンスの期待がマックスまで昇華した瞬間、緞帳が切って落とされ舞台にメンバーが鮮やかに現れる。フミヤが『Hello!Everybody! I am here again!』とシャウトし、イントロが演奏されるや14000人の大歓声が会場を満たす。オープニング・ナンバーは40周年イヤー公演に相応しく、チェッカーズのデビュー曲「ギザギザハートの子守唄」!この曲、「40th Anniversary Tour」でもセットリストに入っていたがオープニングで演奏したのは初めて。続けて「ジュリアに傷心(5thSg)」「星屑のステージ(4thSg)」とチェッカーズ・ナンバーが続けて演奏され、観客の興奮度は冒頭から最高潮に。

 3曲の演奏を終えフミヤは『40周年アニバーサリー・コンサートへようこそ!尚之もたまたま同じバンドにいたので、同じ40周年を迎えました。今日は40年分の皆さんの思い出と照らし合わせながら、最後まで楽しんでいってください!』と再び、チェッカーズ・ナンバーに。このコーナーではスタンドマイクを振り回すパフォーマンスも披露。倒したスタンドマイクを、つま先でグイッと上にあげる様が実にカッコいい。また円形ステージのセンターにサークルステージが設置され、フミヤがここに立つと回転し、360°どこからも見ることが出来る。6曲目に演奏した「NEXT GENERATION」はチェッカーズ時代にキュート・ビート・クラブ・バンド(C.B.C.B.)名義で発表した曲。こんなレアな選曲に古参ファンも大喜び。

〈ブロック / F-BLOOD〉
 『チェッカーズがデビューしたのはバブル期の1983年。最初の10年はスーパーアイドルでした』と話し、客席の笑いを誘う。続けて『日本中どこに行っても、女の子からキャーキャー言われてまして(笑)。そんな経験なかなかできない』とデビュー当時を振り返る。『チェッカーズは解散しましたが、次はどっちかが死なない限り解散のないユニットやります!』とF-BLOODコーナーに入る。1曲目はフミヤが作詞、尚之が作曲し猿岩石に提供した「白い雲のように(1996 / 1998)」。尚之はサックスからアコースティックギターに持ち替えふたりで美しいハーモニーを聴かせる。続く「未来列車(2017)」「SHOOTING STAR(1998)」はアップチューンナンバー。フミヤも回転するセンター・サークルステージに立ち360°のファンに向けて熱唱。

〈ブロック / SOLO〉
 藤井フミヤがチェッカーズ解散後、本格的にソロ活動を始めたのが1993年。『30年前、1曲目が運良くヒットしました』とこここからはソロ・コーナーに。「TRUE LOVE(1993)」「Another Orion(1996)」...とソロでのヒット曲を惜しげもなく披露。「DO NOT(1996)」では美しいファルセットボイスを聴かせ、「Go the Distance(1997)」では櫻田泰啓のピアノ、藤井尚之のサックスにフミヤのボーカルの三重奏が儚げも美しい。このコーナーではセンター・サークルステージが日本武道館の天井近くまで上昇。フミヤの声は、あたかも天空から聞こえるような荘厳さを演出した。

〈ブロック / ALL〉
 チェッカーズが初めて日本武道館でコンサートを開いたのが1985年12月25日。以来、この日でフミヤは111回目の日本武道館のステージに立った。ソロとなって最初にここでやったのが1994年6月29日。20世紀から21世紀に変わる瞬間の1999年12月31日に初めてカウントダウン・コンサートを開き、2018年まで続けられた。ここは『色々な思い出があるのが、武道館です』と、感慨深けに語る。そして『俺と尚之はティーンエイジャーの頃、ロックンロールに身も心を持っていかれました』と中学生でバンド活動をスタートさせ、高校生でチェッカーズを結成した当時を振り返る。『ロックンロールは男と女が踊るための音楽!男女の恋のために作られたんです!』とロックとロックンロールの違いを話し『求愛しようぜ!ロックンロール!』と豪快なロックンロール・ナンバー「REVOLUTION 2007(1987)」になだれ込む。

 続いての「NANA(1986)」では冒頭、キャノン砲から金と銀のテープが発射され、場内は巨大なパーティー会場に一変。F-BLOODナンバーの「LOVE IT ! ドーナッツ !(2008)」では、尚之とフミヤが円形ステージを廻りながらツインヴォーカルを披露。フミヤをがっつりとサポートするのは40周年ツアー60本を共にした5人編成バンド。バンドマスター / ドラムの大島賢治とベースの山田“Anthony”サトシのリズム隊がボトムをしっかり支え、沢頭たかしのギターと櫻田泰啓のキーボードが鮮やかに彩る。そして尚之のサックスが加わっての最強の布陣だ。19曲目に演奏した「GIRIGIRI ナイト(2016)」はバンドマスター大島賢治とフミヤとの共作曲。本編ラストはデジタル・ロックナンバー「UPSIDE DOWN(2001)」。キラキラとした照明が場内を激しく交差し、会場はさながら巨大なフロア状態に。フミヤもスタンドマイクをぶんぶん振り回して360°に向けて客席を煽り続け、最高潮に盛り上がって本編は終了。

〈ブロック / アンコール〉
 最初に演奏した2曲はチェッカーズ・ナンバーの「Song for U.S.A(11thSg / 1986年)」と「哀しくてジェラシー(3rdSg / 1984年)」。フミヤはソロになってから演奏してきたチェッカーズ曲は、バンドのオリジナル曲が中心。この2曲はいずれも作詞: 売野雅勇 / 作曲: 芹澤廣明のアイドル時代のナンバーで、この時代の楽曲がステージで演奏されるようになったのは2021年のツアーから。それゆえ、古参ファンにとってはたまらないプレゼントだ。

 そしてアンコール3曲目に演奏されたのが藤井フミヤ・コンサート恒例の「紙飛行機(1995)」。曲中、ファンが持ち寄った紙飛行機が会場中に飛び交う人気コーナーだったが、40周年記念ツアーで演奏されるのはこの日が初めて。フミヤから『用意はいいか!ここでしか見えない世界を見ようぜ!みんなの願いが叶いますように!飛ばせ!上げろ!』に応じて、紙飛行機が一斉に飛ばされる。広い武道館の紙飛行機の乱舞は圧巻の光景だ。最後は『40年間、歌わせていただいてありがとうございます』と集まったファンにお礼をして『みんなで祈れば、でっかい祈りになります。世界から戦争が無くなることを願って』とチェッカーズのアルバム“I HAVE A DREAM(1991)”に収められたフミヤ・作詞 / 尚之・作曲の「I have a dream」を、歌詞のひとつひとつに想いを込めじっくりと歌う。『また必ず会いましょう!一緒に遊ぼうぜ!ラブ&ピース!!!』と残し、ゆっくりとステージを降りた。全24曲、2時間30分。2023年9月から始まった全国47都道府県 / 61本の長いツアーが、111回となる日本武道館で締められた。

 この日の模様はWOWWOWで生中継され、6月11日(火)23:59までアーカイブ視聴が出来る。


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示

PHOTO:平野タカシ

2024年6月9日 藤井フミヤ 日本武道館/セットリスト(発表年度)

☆ブロック/THE CHECKERS
01. ギザギザハートの子守唄(1stSg/1983年9月21日)
02. ジュリアに傷心(5thSg/1984年11月21日)
03. 星屑のステージ(4thSg/1984年8月23日)
04. I Love you,SAYONARA(13thSg/1987年3月5日)
05. Cherie(20thSg/1989年7月5日)
06. NEXT GENERATION(キュート・ビート・クラブ・バンド名義/al"親愛なるジョージ・スプリングヒル・バンド様"収録曲/1985年12月21日)
07. 夜明けのブレス(23thSg/1990年6月21日)

☆ブロック/F-BLOOD
08. 白い雲のように(al"F-BLOOD"収録曲/1998年3月11日)
09. 未来列車(al"POP'N'ROLL"収録曲/2017年6月21日)
10. SHOOTING STAR(al"F-BLOOD"収録曲/1998年3月11日)

☆ブロック/SOLO
11. TRUE LOVE(2ndSg/1993年11月10日)
12. DO NOT(12thSg/1997年5月7日)
13. Another Orion(10thSg/1996年8月7日)
14. Go the Distance(13thSg/1997年7月18日)
15. ALIVE(al"PURE RED"収録曲/1997年6月18日)

☆ブロック/ALL
16. REVOLUTION 2007(チェッカーズ/al"GO"収録曲/1987年5月2日)
17. NANA(チェッカーズ/12thSg/1986年10月15日)
18. LOVE IT ! ドーナッツ !(F-BLOOD/al"Ants"収録曲/2008年1月23日)
19. GIRIGIRI ナイト(ソロ/al"大人ロック"収録曲/2016年7月13日)
20. UPSIDE DOWN(ソロ/19thSg/2001年5月23日)

☆アンコール
21. Song for U.S.A(チェッカーズ/11thSg/1986年6月5日)
22. 哀しくてジェラシー(チェッカーズ/3rdSg/1984年5月1日)
23. 紙飛行機(ソロ/al"R&R"収録曲/1995年6月7日)
24. I have a dream(チェッカーズ/al"I HAVE A DREAM"収録曲/1991年6月21日)

バンドメンバー
Vocal: 藤井フミヤ
Drums: 大島賢治 /Bass: 山田“Anthony”サトシ /Guitar: 沢頭たかし /Keyboards: 櫻田泰啓 /Sax,Guitar: 藤井尚之


藤井フミヤ武道館公演 WOWOWオンデマンド放送日程
国内向け:WOWOWオンデマンドで6月11日(火)午後11:59までアーカイブ配信
wod.wowow.co.jp/program/190375

海外向け: 日本時間6月12日(水)午後11:59までアーカイブ配信
※日本国内では視聴できません(海外在住者のみ)。
l-tike.zaiko.io/e/fumiyafujii40th
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015