ニュース

東京二期会オペラ劇場、プッチーニ「三部作」を9月に上演 プレ・イベントも開催

ジャコモ・プッチーニ(Giacomo Puccini)   2018/08/10 12:33掲載
はてなブックマークに追加
東京二期会オペラ劇場、プッチーニ「三部作」を9月に上演 プレ・イベントも開催
 2018年9月6日(木)〜9日(日)にかけて、〈デンマーク王立歌劇場とアン・デア・ウィーン劇場との提携公演 東京二期会オペラ劇場 ジャコモ・プッチーニ「三部作」外套 / 修道女アンジェリカ / ジャンニ・スキッキ〉が東京・渋谷 新国立劇場 オペラパレスで上演されます。

 〈三部作〉は、未完のオペラ『トゥーランドット』を除けば、プッチーニが最後に書き下ろした集大成的な作品。『外套』『修道女アンジェリカ』『ジャンニ・スキッキ』というそれぞれ独立した3つの物語で構成されます。プッチーニは、この3つの作品の組み合わせで、さらにこの順番でつねに上演されることを想定して作曲したと言われていますが、今日では個別に上演されることが多くなっています。

 本公演はプッチーニの想定どおり、これらの3作品を通して上演する貴重な機会。それぞれの作品には表面上でのストーリーのつながりはありませんが、そこにどのような共通項を見出し、ひとつの物語として紡いでいくかが、演出家の腕の見せどころとなります。その演出を手がけるのは、2014年『イドメネオ』の斬新な演出が話題を呼んだ若き演出家、ダミアーノ・ミキエレット(Damiano Michieletto)。アン・デア・ウィーン劇場とデンマーク王立歌劇場ほか欧州各地での〈三部作〉を手がけ、絶賛を浴びました。今回の舞台では、各演目をつなぐヴィジュアル的な演出も予定されています。

 〈三部作〉開幕前には、テノール歌手の高田正人の進行によるプレ・イベント〈「二期会プレ・ソワレ」すみだパークギャラリー・イタリアオペラ夏の夜〜東京二期会プッチーニ「三部作」プレ講座&ミニ・ライブ〜〉が8月16日(木)東京・すみだパークギャラリーSASAYAで開催。NHKラジオ深夜便「ミッド・ナイト・オペラ」でのわかりやすい解説と歌声で好評を博している高田は、〈三部作〉公演に『外套』の流しの唄うたい役で出演します。プレ・イベントでは、『ジャンニ・スキッキ』のラウレッタをはじめ1人3役を演じるソプラノ歌手、新垣有希子らと、歌とお話で作品の見どころや聴きどころを解説します。

東京二期会オペラ劇場 ジャコモ・プッチーニ〈三部作〉
外套 / 修道女アンジェリカ / ジャンニ・スキッキ

オペラ各1幕
日本語字幕付き原語(イタリア語)上演
wwww.nikikai.net/lineup/il_trittico2018/index.html

2018年9月6日(木)18:30
2018年9月7日(金)14:00
2018年9月8日(土)14:00
2018年9月9日(日)14:00
東京 渋谷 新国立劇場 オペラパレス
※開場は開演の30分前
※上演予定時間: 約3時間30分(休憩含む)


[チケット]
S席: 17,000円 / A席: 14,000円 / B席: 11,000円 / C席: 8,000円 / D席: 5,000円 / 学生席: 2,000円(全席指定・税込)

[9月7日(金)公演 平日マチネ・スペシャル料金]
S席: 15,000円 / A席: 12,000円 / B席: 10,000円 / C席: 8,000円 / D席: 5,000円 / 学生席: 2,000円(全席指定・税込)
※学生席は二期会チケットセンター電話のみの取扱い
※未就学児入場不可


〈二期会プレ・ソワレ〉すみだパークギャラリー・イタリアオペラ夏の夜
東京二期会プッチーニ〈三部作〉プレ講座&ミニ・ライブ

www.nikikai21.net/blog/2018/07/25-3773.html

2018年8月16日(木)
東京 すみだパークギャラリーSASAYA
開演 19:00
入場無料
※要事前予約
※お申込はお一人様2名まで)

出演: 高田正人(T) / 新垣有希子(S) / 三澤志保(p)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015