ニュース

ハナレグミ、ニュー・シングル「光と影」発売記念ライヴ〈“光と影”Candle Night〉開催!

ハナレグミ   2009/06/01 14:21掲載
はてなブックマークに追加
ハナレグミ、ニュー・シングル「光と影」発売記念ライヴ〈“光と影”Candle Night〉開催!
 4年半ぶりのニュー・シングル「光と影」を5月27日にリリースしたハナレグミ。CD購入者を対象に〈“光と影”Candle Night〉と題し、招待制のスペシャル・ライヴを5月30日に東京 ホテルクラスカのギャラリーで行ないました。

 幸運にもこのライヴへ参加できたのは、5月27日にリリースされた「光と影」を発売日とその翌日に購入し、WEBサイトへ応募した方の中から抽選で選ばれた100名。発売翌日まで、という短期間にもかかわらず、全国から3,000名を越える応募があり、超プレミアな一夜に!

 キャンドル・アーティストであるCandle JUNEのキャンドルに灯された会場は、決められた場所にステージはなく、オーディエンスはどこで歌うのか?とソワソワしたまま開演へ。客席後方の入口から「どこで歌おうかなー」と、お客さんの間をギター片手にハナレグミ・永積 崇が登場すると、お客さんの座る中に立ち位置を決め、「今日は全身で熱唱させていただきます!」と一曲目「音タイム」をスタート。

 4年半ぶりの新曲「光と影」、ニュー・アルバムから「あいのわ」「あいのこども」、そして「踊る人たち」「ヒライテル」「明日天気になれ」「ボク・モード キミ・モード」のスペシャルメドレー含む全10曲を披露。Candle JUNEによるキャンドルで灯された会場で、この新曲「光と影」が完成した経緯や、初披露となった昨年の代々木公園で行なわれたCandle JUNEのイベント〈Candle Night〉でのことなどをMCで語り、集まった幸運なオーディエンスを魅了しました。

 今後は、すでに完売となっている東京、大阪での野音ライヴをはさみ、ファン待望のアルバム、ライヴDVDのリリースが控えるハナレグミ。夏は大型フェスへの参加も決定、秋には全国ツアーと、嬉しいトピックが続きます!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015