ニュース

挾間美帆、アメリカ「ダウンビート」誌が“ジャズの未来を担う25人”に選出

挾間美帆   2016/06/29 16:42掲載
はてなブックマークに追加
挾間美帆、アメリカ「ダウンビート」誌が“ジャズの未来を担う25人”に選出
 ニューヨークを拠点に活動する気鋭のジャズ作曲家 / ピアニストの挾間美帆が、アメリカの権威ある音楽雑誌「ダウンビート」誌において“ジャズの未来を担う25人”に選出されました。この25人は同誌のウェブサイト(www.downbeat.com/defaultl.asp?sect=magazine)にも掲載されています。

 カマシ・ワシントンアーロン・パークスジェラルド・クレイトンら、世界中で活躍している新世代アーティストとともに日本人で唯一選出されるという快挙を成し遂げた挾間。現在もニューヨークに在住しながら活動し、先日リリースされた大西順子の復帰作『Tea Times』(VRCL-18853)ではアレンジで参加するなど、その才能を多方面で発揮しています。今秋には日本での凱旋公演も予定され、今後の活躍にますます期待が高まります。

 そもそも米国で(=世界で)最も権威があるジャズ専門誌「ダウンビート」に関しては、ジャズ発祥の国アメリカを背負っているジャズ・メディアだけあって、大きく取り上げられるだけでもハードルが高いというのがあります。

 ポスト・マリア・シュナイダーとも言えるような若い才能が次々に出てきている“作曲家”の枠で選出されたことも快挙としか言いようがないと思います。以前、同誌に『タイム・リヴァー』(2015年)に関するインタビューが掲載されていましたが、ジャズ・ビッグバンドのセオリーとは違う特殊な楽器編成でのラージ・アンサンブルのサウンドで(保守的な部分もある)アメリカのジャズ評論を納得させたことも含めて、今回の選出はとても驚きました。日本のジャズにとって、非常に大きなニュースだと思います。

――柳樂光隆(ジャズ評論家 / JTNC)

DownBeat Magazine
www.downbeat.com
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く
[インタビュー] 自然に感じたまま表現すればいい――荘村清志、デビュー50周年の集大成『シャコンヌ』[インタビュー] 活動11年目のTSUKEMENが“いい大人”へのスタートとなる新作『時を超える絆』をリリース
[インタビュー] 世にも美しい“切れ目の戯言”――ATOSONE(RC SLUM / Boutique Strange Motel)[インタビュー] ローカルな個性とグローバルな普遍性 FOUR HORSEMEN『FOUR HEAVENLY KINGS』
[インタビュー] リストのあらゆる側面を伝えたい――金子三勇士『リスト・リサイタル』[インタビュー] 追い求めていくことと打ち砕かれてしまうこと ドキュメンタリー映画「STANDARD」
[インタビュー] 音で聴く回想録 KERA『LANDSCAPE』[インタビュー] CUBERS 注目の5人組ボーイズ・グループ つんく♂作「メジャーボーイ」でメジャー・デビュー!
[インタビュー] Ryo Kobayakawa、NEI、COVAN――名古屋市南区発ヒップホップ・クルー“D.R.C.”を紹介する[インタビュー] 強さと美しさを追い求めて――ベッド・インが初のカヴァー・アルバム『Endless Bubble』を発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015