ニュース

挾間美帆、アメリカ「ダウンビート」誌が“ジャズの未来を担う25人”に選出

挾間美帆   2016/06/29 16:42掲載
はてなブックマークに追加
挾間美帆、アメリカ「ダウンビート」誌が“ジャズの未来を担う25人”に選出
 ニューヨークを拠点に活動する気鋭のジャズ作曲家 / ピアニストの挾間美帆が、アメリカの権威ある音楽雑誌「ダウンビート」誌において“ジャズの未来を担う25人”に選出されました。この25人は同誌のウェブサイト(www.downbeat.com/defaultl.asp?sect=magazine)にも掲載されています。

 カマシ・ワシントンアーロン・パークスジェラルド・クレイトンら、世界中で活躍している新世代アーティストとともに日本人で唯一選出されるという快挙を成し遂げた挾間。現在もニューヨークに在住しながら活動し、先日リリースされた大西順子の復帰作『Tea Times』(VRCL-18853)ではアレンジで参加するなど、その才能を多方面で発揮しています。今秋には日本での凱旋公演も予定され、今後の活躍にますます期待が高まります。

 そもそも米国で(=世界で)最も権威があるジャズ専門誌「ダウンビート」に関しては、ジャズ発祥の国アメリカを背負っているジャズ・メディアだけあって、大きく取り上げられるだけでもハードルが高いというのがあります。

 ポスト・マリア・シュナイダーとも言えるような若い才能が次々に出てきている“作曲家”の枠で選出されたことも快挙としか言いようがないと思います。以前、同誌に『タイム・リヴァー』(2015年)に関するインタビューが掲載されていましたが、ジャズ・ビッグバンドのセオリーとは違う特殊な楽器編成でのラージ・アンサンブルのサウンドで(保守的な部分もある)アメリカのジャズ評論を納得させたことも含めて、今回の選出はとても驚きました。日本のジャズにとって、非常に大きなニュースだと思います。

――柳樂光隆(ジャズ評論家 / JTNC)

DownBeat Magazine
www.downbeat.com
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015