ニュース

氷室京介、東京ドームで“全曲BOΦWY”復興支援ライヴを開催!

氷室京介   2011/04/18 16:08掲載
はてなブックマークに追加
氷室京介、東京ドームで“全曲BOΦWY”復興支援ライヴを開催!
 きたる6月11日(土)、氷室京介が、全曲がBOΦWYの楽曲で構成される、東日本大震災の震災被災地復興支援を目的としたチャリティ公演<KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME“We Are Down But Never Give Up!!”>を東京ドームで行なうことが決定しました。

 当初、同日・同会場では、氷室京介の50歳アニバーサリーとしての公演を予定しており、3月14日に発表をする準備をしていましたが、その直前に震災が起こったため、発表を見送り、公演自体が見直しに。東京ドームという場所柄、電力消費の問題もありますが、可能な限り節電に配慮し、最小限の電力、機材で行なうほか、このライヴの収益金の全てを復興義援金として寄付する主旨で行なうことが決定。

 氷室自身、L.A.を拠点に活動しているため震災時は日本にいなかったとのことですが、CNNなどを通じて震災の被害の映像を見て、自身が行なえる支援の方法を考えた結果、今回の公演の開催へ。

 被災地に収益金を寄付する目的と同時に、いまだなお、日本のロック史上最大の伝説のバンドとして多くの支持を得ているBOΦWYの楽曲を、ヴォーカリストである氷室が今歌うことで、ライヴに参加したそれぞれの人のエネルギーになればと、今回は全曲BOΦWY楽曲で構成したライヴとなる予定です。

 氷室自身、ソロ23年、バンド時代6年という、約30年のキャリアの中で、幾度となく全国ツアーやイベントで岩手、宮城、福島を訪れています。また、宮城県で行なわれていた、現在のロック・フェスの先駆けとも言える<ロックンロールオリンピック>には、85年、86年、87年(BOΦWYで出演)、90年(シークレット出演)と、4回出演。そして今年1月にも盛岡、仙台、郡山に自身の全国ツアーで訪れたばかり。氷室にとって、宮城を中心とした東北地方は縁の深い地のひとつです。

 BOΦWYの解散ライヴとなった<LAST GIGS>を含め、東京ドームでの公演は7年ぶり、7度目となる氷室京介。2004年に<21st Century BoΦwys VS HIMURO>と銘打ったライヴを東京ドームで行なっていますが、全曲がBOΦWYの楽曲で構成されるライヴは今回が初。解散以降23年間、これまで歌うことのなかった楽曲も披露される予定。


<氷室京介からのコメント>
互いの気持ちと力を合わせて支え合う運命の時
微力ではあるけれど俺なりに
過酷な状況下でいまも闘っている皆さんを応援したいと思います
We are down but never give up !
氷室京介

東日本大震災復興支援チャリティライブ
<KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME“We Are Down But Never Give Up!!”>

日程:6月11日(土)
会場:東京ドーム
開場 16:00 / 開演 18:00
チケット料金:7,800円
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015