ニュース

広瀬愛菜(PSS, 3776Linkモード)がソロ・デビュー作『午後の時間割り』をリリース

広瀬愛菜   2018/06/20 13:23掲載
はてなブックマークに追加
 2016年までPeach sugar snowのメンバー“あいな”として活躍し、昨年は3776のサテライト企画“3776Linkモード”にて山梨サイドを担当した現在15歳 / 中学3年生の広瀬愛菜が、ソロ・シンガーとして本格始動。デビュー・ミニ・アルバム『午後の時間割り』(VTN-1009 1,800円 + 税)が6月20日(水)に発売されます。

 曽我部恵一プロデュースの作品が好評を博しているシンガー・ソングライター関 美彦がトータル・プロデュースを務める同作は、関が作詞・作曲を手がけたオリジナル曲に加え、曽我部恵一「おとなになんかならないで」、柴田聡子「いきすぎた友達」、原田知世「時をかける少女」のカヴァーも収められた全6曲。関のほか北山ゆう子、伊賀 航、山之内俊夫、吉田仁郎ら腕利きミュージシャンが演奏を担当し、澤部 渡(スカート)もスピッツ楽曲で名高い口笛を披露しています。YouTubeでは全曲のクロスフェード動画や、「おとなになんかならないで」のミュージック・ビデオを公開中。

 なお、6月24日(日)には東京・神保町 試聴室にてリリース・パーティを開催。彼女のサーブ、野佐怜奈姫乃たまPOLLYANNA、ミア・ナシメントとの共演が決定しています。詳しくは特設ページにてご確認ください。


彼女の声を聴くと誰もが夢中になる。レコーディングスタジオのミュージシャンはもちろんたまたま街角で唄を歌う彼女の姿を見た人々。彼女が12才の頃ライブハウスでピアノの弾き語りを聴いた。12才の彼女のピアノはすでにジョニ・ミッチェルの「blue」の響きをしていた。Peach sugar snowと3776という二つのグループを経て彼女が歌う時がやってきた。アイドル戦国時代を経て「楽曲派のミューズ」はこの街のミューズになった。
――関 美彦

プロデューサーの関さんや素晴らしいミュージシャンの皆さま、エンジニアのじろうゆさんをはじめとする多くの方々に支えられてこのアルバムを発売することができました。15歳という今だからこそ出せる私の歌声をたくさんの方に聴いていただきたいです。
――広瀬愛菜

■2018年6月20日(水)
広瀬愛菜
午後の時間割り

VTN-1009 1,800円 + 税

[収録曲]
01. ペーパー・ムーン
作詞・作曲 関 美彦
02. おとなになんかならないで(曽我部恵一)
口笛 澤部 渡(スカート)
03. いきすぎた友達(柴田聡子)
04. 春の陽射し -sunlight-
作詞・作曲 関 美彦 / 編曲 長谷泰宏(ユメトコスメ)
05. 時をかける少女(原田知世)
作詞・作曲 松任谷由実
06. さよなら こんにちは
作詞・作曲 関 美彦

プロデュース: 関 美彦
演奏: 北山ゆう子 / 伊賀 航 / 山之内俊夫 / 関 美彦 / 吉田仁郎
エンジニア: 吉田仁郎


SUNDAY GIRLS presents
広瀬愛菜
「午後の時間割り」リリースパーティ

shicho.org/2018/06/1event180624

2018年6月24日(日)
東京 神保町 試聴室
開場 11:30 / 開演 12:00
予約 2,500円(1ドリンク + スナック込)

[出演]
広瀬愛菜 / 彼女のサーブ / POLLYANNA / 野佐怜奈 / ミア・ナシメント / 姫乃たま / 宗像明将
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』
[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』
[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成!
[インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』
[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』
[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015