ニュース

家入レオ、自身初となる生配信ライヴ〈家入レオ Streaming Live 2020〉開催

家入レオ   2020/08/04 12:19掲載
はてなブックマークに追加
家入レオ、自身初となる生配信ライヴ〈家入レオ Streaming Live 2020〉開催
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を鑑み、10月に開催予定だった全10都市をまわるライヴハウス・ツアーの中止を決定した家入レオが、自身初となる無観客生配信ライヴ〈家入レオ Streaming Live 2020〉を8月30日(日)に実施することを発表しています。

 〈家入レオ Streaming Live 2020〉は、都内のライヴハウスからバンド編成で行なわれる生配信ライヴで、開催に先立ち、一部企画を除く歌唱楽曲が先行公開されています。今までに担当してきた合計10作品のドラマ主題歌の中から、「Shine」(2012年フジテレビ系ドラマ『カエルの王女さま』)、「Silly」(2014年TBS系金曜ドラマ『Nのために』)、「君がくれた夏」(2015年フジテレビ系月9ドラマ『恋仲』)、「僕たちの未来」(2016年日本テレビ系土曜ドラマ『お迎えデス。』)、「未完成」(2020年フジテレビ系月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』)の5曲が選曲され、デビュー以来ドラマ主題歌を数多く担当してきた家入だからこそ成せる贅沢な構成となっています。

 さらに、今回の生配信ライヴでは、家入のオリジナル楽曲の中から、視聴者が今聴きたい楽曲を募集し、上位にランクインした楽曲を家入が歌うというリクエスト企画も実施。リクエスト結果は生配信ライヴ中に発表される予定で、先行公開された歌唱楽曲と合わせて当日に全セットリストが完成されるという、視聴者と一緒に作り上げるライヴとなります。リクエストは特設サイトから応募することができます。

 今回の生配信ライヴについて家入は、「はじめての配信ライヴ。はじめて事前に歌唱楽曲も公開してみました。同じ瞬間を共有しているけれど、同じ場所にはいない。いないからこそ、届けたい気持ちも、繋がりたい気持ちも、より一層強くなる。今までの形を追い求めるより、新しい私たちだけの形を探したい。リクエスト企画にともなって、出来たら良いなと思っていることも。一緒にこのライヴを作り上げてくれたら嬉しいです」とコメントしています。

 なお、生配信ライヴ終了後には、ファンクラブ限定でのアフター・トークが決定しており、トークに加え、配信ライヴ本編とは違ったスタイルでの歌唱も予定されています。

家入レオ Streaming Live 2020
2020年8月30日(日)
OPEN 17:30 / START 18:00
ライブ配信視聴チケット: 3,000円(税込)
Thumva: thumva.com/events/cRAHPKFPe9yqJPI
チケットデリ: ticket.deli-a.jp
チケットぴあ: w.pia.jp/t/leoieiri-streaminglive

家入レオ Streaming Live 2020 〜after talk〜
2020年8月30日(日)
OPEN 19:30 / START 20:00
ライブ配信視聴チケット: 1,000円(税込)
www.leo-ieirimobile.com

家入レオ Streaming Live 2020 特設サイト
www.ken-on.co.jp/streaminglive2020
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015