ニュース

インスタント シトロンのアルバム『Una Marcia』と『Utrecht & Maestro』がリイシュー

instant cytron   2021/05/21 12:47掲載
はてなブックマークに追加
インスタント シトロンのアルバム『Una Marcia』と『Utrecht & Maestro』がリイシュー
 テレビ番組『みいつけた!』『たまこまーけっと』『スキマの国のポルタ』などの音楽で知られる作曲家・片岡知子と稀代のメロディメイカー長瀬五郎によるデュオ、インスタント シトロンのリイシュー・プロジェクトの第3弾として、4thアルバム『Una Marcia(ウナ・マルチーア)』(2001年)と5thアルバム『Utrecht & Maestro(ユトレヒト & マエストロ)』(2002年)が、初のアナログLP化として8月11日(水)にリリースされることが決定しました。

 リイシュー・プロジェクトは、6月9日(水)発売の第1弾ユニバーサル ミュージック盤として1stアルバム『チェンジ・ディス・ワールド』と2ndアルバム『チアフル・モンスター + 4』がアナログ盤で、7月7日(水)発売の第2弾ソニー・ミュージックダイレクト盤として3rdアルバム『Little Gang Of The Universe』がアナログ盤とCDで発売されることがすでに発表されています。

 4thアルバム『Una Marcia』は、前作よりパワー・アップしたホーム・レコーディングっぷりとシトロンらしいへなちょこっぷりを発揮しつつ、コンセプトに“マーチ”を掲げ、マーチ / マルシャ(ブラジルのマーチ曲) / ワルツ / ダンス・トラック / オールディーズ / ボッサ / オールドタイム / シャッフル / カントリー……など多彩な要素を力ずくで“マーチ”にカテゴライズしたミステリアスなアルバム。5ヵ国語の歌詞を駆使し、壮大なグローバリゼーションを視野に入れた“世界をお散歩アルバム”となっています。

 5thアルバム『Utrecht & Maestro』は、オランダ第4の都市で、シトロンが大好きなナインチェ・プラウス(うさぎの女の子のキャラクター)の作者、ディック・ブルーナ(『ミッフィー』『うさこちゃん』)が生活し作品を生み出していた拠点“ユトレヒト”と、今作のレコーディングの合間にイタリアを訪れたメンバーが、50年代から映画音楽などで活躍しているジャンピエロ・ボネスキに会い「彼こそ本物のマエストロ(巨匠)だ!」と感銘を受けたこと、さらにレコーディングでマエストロ社製のリズムボックスを使用したことのダブルミーニングでタイトルが付けられました。レコーディングにはNRBQテリー・アダムスがピアノで、エディターの川勝正幸がコーラスでゲスト参加しています。また本LP盤のデザインは、CD発売当時入稿ギリギリまで進行していたもので(CDでは最終的に同時期に作っていた年賀状のデザインを採用)、LPサイズになるなら当初の案を復活できたら嬉しいね、という判断で、新装ジャケットで発売の運びとなりました。

 第3弾の2作品は、片岡知子の夫でもある岡田崇が運営するレーベル「リル・デイジー」からのリリース。リイシューにあたり、ソニー乃木坂スタジオにてアナログ・レコード用にオリジナルマスターからそれぞれリマスタリングが行なわれています。

 なお、リイシュー・プロジェクトの特設サイト「instant cytron retrospective 1995-2002」では、5月21日(金)にメンバーゆかりの方々からのコメントを新たに掲載。

 さらに、アナログ再発シリーズを記念して、片岡知子の誕生日である6月7日(月)より、東京・渋谷 パイドパイパーハウスにて〈Instant Cytron メモラビリア展〉(協力: リルデイジー岡田崇)を開催することも発表されています。

拡大表示


拡大表示


特設サイト「instant cytron retrospective 1995-2002」
www.110107.com/instant_cytron
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015