ニュース

英国の涼風、イット・バイツの作品が紙ジャケ復刻

イット・バイツ(IT BITES)   2005/07/20掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 解散後も評価が高かった、イット・バイツの作品群が復刻されることになりました。

 彼らは1986年にデビュー。英国産らしい叙情性、どことなく牧歌的なサウンド、それでいてロック、ポップスからジャズまで取り込んだ間口の広い音楽性で、ここ日本でも、プログレッシヴ・ロック・ファンを中心に人気を獲得しました。本国では、ヒットを飛ばしたものの、80年代に巻き起こった“ポンプ・ロック”の範疇に収められ、ジレンマがあったようです。結局1990年、解散に至りました。

 今回、東芝EMIから復刻されるのは、バンドが残したスタジオ盤3枚とライヴ盤1枚。残念ながらボーナス・トラックの収録はありませんが、すべてデジタル・リマスターが施され、紙ジャケットでのリリースとなります。国内盤は長らく廃盤状態が続いていたので、嬉しい限り。発売は、彼らのサウンドがよく映えそうな夏の終わり、9月22日の予定です。

 なお、バンドは2003年にオリジナル・メンバーで再集結。しかし、各自の活動があるため、イット・バイツに専念しているわけではなさそうです。

≪イット・バイツ紙ジャケット4タイトル≫
『ザ・ビッグ・ラド・イン・ザ・ウィンドミル』
 (TOCP-67743 \2,600(税込))
『ワンス・アラウンド・ザ・ワールド』 (TOCP-67744 \2,600(税込))
『イート・ミー・イン・セント・ルイス』
 (写真/TOCP-67745 \2,600(税込))
『サンキュー・アンド・グッドナイト』
 (TOCP-67746 \2,600(税込))
続報
イット・バイツの紙ジャケ、発売が復活
延期未定となっていた紙ジャケ4タイトルの発売が復活しました。2006年2月1日のリリース予定となっています。
[ 2005/12/15掲載 ]
イット・バイツの紙ジャケ、発売延期未定に
残念ながら紹介した4作とも発売未定になりました。
[ 2005/09/16掲載 ]
イット・バイツの紙ジャケ、発売延期
紹介した4作とも発売延期に。発売は9月30日を予定しています。
[ 2005/09/02掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015