ニュース

バーモント州の高校生“JUNO LEE(ジュノ・リー)”が1stミニをリリース

ジュノ・リー(JUNO LEE)   2014/08/18 16:07掲載
はてなブックマークに追加
バーモント州の高校生“JUNO LEE(ジュノ・リー)”が1stミニをリリース
 アメリカ・バーモント州に暮らす高校生、JUNO LEE(ジュノ・リー)が9月3日(水)に1stミニ・アルバム『JUNO LEE』をリリースすることが決定しました。

 JUNO LEEは韓国生まれ、日本でも3年間生活し、英語、韓国語、日本語、中国語をネイティヴに使い、またピアノ、ドラム、ギターなどを操るマルチプレイヤー&ソングライター。日本での中学にあたるアメリカンスクール時代に某レコード会社の新人開発部門に見いだされたことをきっかけに、16歳からレコーディングを開始。渡米後も休暇の度に来日、作品の制作を行なってきました。

 今作には、オリジナル3曲と、オリジナル・ラブ「接吻」、リック・アストリー「Never Gonna Give You Up」という2曲のカヴァーを収録。質の高い素直なヴォーカリゼーションとアレンジメントを聴かせてくれます。また、収録曲「Love will find the way back home」は、「中電工」のCMソング。


 普段は高校生活をおくりながら、自分で起こしたアイスクリーム会社「ELM LEA」のCEOとしても活動(!)、将来はIvyリーグへの進学を希望しているというJUNO LEE(よってこの夏から年末までは受験となり、アーティスト活動はリリースのみ。ライヴなどは来年春からの活動再開後とか)。今回は日本からのリリースとなりますが、今後の活動拠点はまだ未定だそう。気負いのない、等身大の天才にご注目ください!
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』
[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」
[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』
[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015