ニュース

上白石萌音、ダブルA面シングルのジャケット写真公開 「スピン」の先行配信決定

上白石萌音   2021/09/15 12:55掲載
はてなブックマークに追加
 上白石萌音が10月13日(水)に発売する、ダブルA面シングル「I’ll be there / スピン」の初回限定盤、通常盤、配信用と3種類のジャケット写真が公開されました。真っ白い空間の中でサラダの色が鮮やかに際立つ印象的な作品となっています。

 ダブルA面シングルとなる今作、M1収録曲は作詞・いしわたり淳治、作曲・末光篤(SUEMITSU & THE SUEMITH)が手掛ける楽曲として既にアナウンスされていましたが、今回「I’ll be there」というタイトルも合わせての発表となりました。

 また、M2に収録される楽曲「スピン」は、上白石初の全篇書き下ろしエッセイ『いろいろ』の“おとも”となるような楽曲をコンセプトとしており、エッセイの発売日に合わせて9月25日(土)より先行配信されることが発表されています。「スピン」とは、本の背表紙に糊付けされている栞紐のこと。素朴なサウンドが心地いい、エッセイと同様に飾らない上白石の気持ちが綴られた本人作詞楽曲となっています。エッセイと合わせて“おとも”楽しんで貰いたいところです。

拡大表示


上白石萌音 official site
kamishiraishimone.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015