ニュース

『24-TWENTY FOUR-』、最新シーズンへとつながる2時間の特別エピソードがDVD化!

キーファー・サザーランド   2008/11/27掲載(Last Update:08/11/28 19:59)
はてなブックマークに追加
『24-TWENTY FOUR-』、最新シーズンへとつながる2時間の特別エピソードがDVD化!
 日本でも人気の高い米FOXのTVドラマ・シリーズ『24-TWENTY FOUR-』。2009年1月から全米放送される「シーズンVII」への橋渡し的役割を担う約2時間の特別エピソードが、ついに日本上陸! 来るべき「シーズンVII」へとつながる壮大な序章ともなっているファン必見の最新作が、いよいよ日本でも発売されます。

 このエピソードのタイトルは『24 -TWENTY FOUR- リデンプション』。舞台は「シーズンVI」から1年後、ジャックのいるアフリカとアメリカのワシントンで、地球の表と裏という遠く離れた2つの点が1つの線で結ばれる事件によって、ジャックは人生の新たな局面を迎えます。出演は主人公ジャック・バウアーを演じるキーファー・サザーランドのほか、ジョン・ボイト(『帰郷』『真夜中のカウボーイ』)、ロバート・カーライル(『トレインスポッティング』『フル・モンティ』)など。

 DVD(FXBA-39338 税込3,990円/写真)には本編のほか、映像特典として「シーズンVII」第1話の冒頭17分をまるごと収録。さらにメイキングなども収められます。発売は20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンより2009年3月19日を予定。「シーズンVII」へとつながる2時間のリアルタイム・ストーリーをアナタもぜひご体験ください!


DVD『24 -TWENTY FOUR- リデンプション』
(FXBA-39338 税込3,990円)

≪あらすじ≫
アフリカ――サンガラ、15時。
ベントン(ロバート・カーライル)はジャック(キーファー・サザーランド)の特殊部隊時代の同僚で、内戦で親を失った孤児たちのための学校を運営している。国を守るための必死の活動の結果、人間らしい生活の全てを失ったジャックはベントンの元に人目を忍ぶように身を寄せていた。そんなある日、突然武装集団が来襲し子供たちを拉致しようとする。政情不安なサンガラでは、反白人主義のグループが身寄りのない子供を集めては洗脳し内戦のための兵士に仕立てているのだった。チルドレン・ソルジャーの悲惨な現実を目の当たりにしたジャックは子供たちを守るため立ち向かう。その頃、ワシントンではアメリカ初の女性大統領の就任宣誓式が始まろうとしていた。

≪特典映像≫
・THE MAKING OF 24:REDEMPTION(予定)
・BLOOD NEVER FRY:CHILD SOLDIERS IN AFRICA(予定)
・24 SEASON 6 IN FOUR MINUTES(予定)
・24 SEASON 7 SNEAK PEEK(予定)
・DELETED SCENES(予定)

≪スタッフ/キャスト≫
・ジャック…キーファー・サザーランド(小山力也)

・製作総指揮:ハワード・ゴードン/エヴァン・カッツ
・監督:ジョン・カサー
・脚本:ハワード・ゴードン

・字幕翻訳:林 完治
・吹替翻訳:木村純子
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015