ニュース

吉川晃司、人生初のフル・オーケストラで熱唱!

吉川晃司   2009/08/19 14:33掲載
はてなブックマークに追加
吉川晃司、人生初のフル・オーケストラで熱唱!
 今年、デビュー25周年を迎え、アルバム『Double-edged sword』をリリースした吉川晃司。8月15日(土)、16日(日)に東京国際フォーラムで開催された〈New Classic GIG in Japan' 09〉に出演し、フルオーケストラとのコラボレーション・ライヴをしました!

 今年で第3回目となる〈New Classic GIG in Japan' 09〉は、世界に発信できるメイド・イン・ジャパン・エンタテイメントを!と、松井英樹により考案され、2007年よりスタートした新しい形のライヴ。今回は吉川晃司、青山テルマ土屋アンナという豪華アーティストを迎え、DJのサウンド・バトル&フルオーケストラの世紀のコラボレーションが実現しました!

 トリとして出演した吉川晃司。「傷だらけのダイヤモンド」が巨大スクリーンに映し出され、SEにあわせてDJとのコラボがはじまったかと思いきや、ピタリと無音に。ステージに組まれた高さ5メートルほどの特設ステージにスモークで影となった吉川晃司が登場すると「ジェラシーを微笑みにかえて」でオーケストラ演奏がスタート!

 続いて「KISSに撃たれて眠りたい」「ラ・ヴィアンローズ」を熱唱しMC。「人生初となるフルオーケストラが楽しくてしょうがない」とライヴを楽しんでいる様子を見せ「BOY`S LIFE」へ。そして「モニカ」を演奏すると会場は総立ちとなり、最高潮の盛り上がりへ! そのまま「SEX CRIME」、吉川もギター演奏をみせた「BOMBERS」「ONE WORLD」を演奏。

 エンドロールが流れ、映画のようなフィナーレが終わったかと思いきや、吉川晃司、青山テルマ、土屋アンナの夢のコラボレーションが実現、「BE MY BABY」を3人で熱唱し、〈New Classic GIG in Japan' 09〉は幕を下ろしました!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015