ニュース

君島大空、1st EP『午後の反射光』をリリース リード曲「遠視のコントラルト」MVを公開

君島大空   2019/02/15 12:38掲載
はてなブックマークに追加
君島大空、1st EP『午後の反射光』をリリース リード曲「遠視のコントラルト」MVを公開
 繊細なメロディと歌声が生み出す独創的な世界観で注目を浴びるシンガー・ソングライターの君島大空が、3月13日(水)に1stEP『午後の反射光』(APLS-1903 1,500円 + 税)をリリース。発売に先駆けて、リード曲「遠視のコントラルト」のミュージック・ビデオがYouTubeで公開されています。

 君島は、自身のライヴ活動のほか、ギタリストとして高井息吹と眠る星座、タグチハナ坂口喜咲とシーパラダイスのみなさんといったバンドでのサポート、アイドル・グループsora tob sakanaへの楽曲提供など、シーンの枠を越えて活動を展開。ギターの弾き語りで行なわれるライヴは、その音楽性で一瞬にしてライヴハウスの空気を変えるほどの存在感と評判を呼んでいます。

 本作は、君島が作詞・作曲・編曲を手がけ、多重録音によって制作されたセルフ・プロデュース作品。サイケデリックなポップ・ワールドが広がる「遠視のコントラルト」や、白昼夢の世界に誘う心地よさが漂う「午後の反射光」などバラエティに富んだ6曲を収録。ゲスト・ミュージシャンには、国内外のトップ・ミュージシャンと共演し、CRCK/LCKSや自身のプロジェクト“SONGBOOK”でも活動するジャズ・ドラマーの石若 駿が参加しています。

 なお、本作はタワーレコード・スタッフがブレイク前のアーティストをいち早くピックアップする“タワレコメン”の3月度アイテムに選出されています。



■2019年3月13日(水)発売
君島大空
午後の反射光

CD APLS-1903 1,500円 + 税

[収録曲]
01. interlope
02. 瓶底の夏
03. 遠視のコントラルト
04. 叙景#1
05. 午後の反射光
06. 夜を抜けて
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015