ニュース

元キッスのギタリスト、マーク・セント・ジョンが死去

KISS   2007/04/09掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 元キッスのギタリストであるマーク・セント・ジョン(本名マーク・レスリー・ノートン)が、4月5日に脳溢血のため死去しました。享年51。マークはヴィニー・ヴィンセントに代わり1984年にキッスに加入。同年リリースの『アニマライズ』(写真)でプレイしましたが、ライター症候群という病気のためにギターを弾くのが困難となり、キッスのメンバーとしては数回のショウをこなしただけで脱退しています。その後、80年代には自身のバンドであるWhite Tiger、90年代以降はピーター・クリスと組むなど、地道な活動を行なっていた模様です。

 キッスに関連したメンバーの中ではもっとも影の薄い存在かもしれませんが、非常に華やかな仕上がりの『アニマライズ』に、そのプレイがマッチしていたのは事実。キッスのメンバーとしての雄姿は、「ヘヴンズ・オン・ファイアー」のビデオ・クリップに残っています。マークのご冥福を心からお祈りします。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015