ニュース

北野 武がニコ生に初出演、「バカヤロー」と「コノヤロー」の違いを解説

北野武   2012/09/21 15:32掲載
はてなブックマークに追加
北野 武がニコ生に初出演、「バカヤロー」と「コノヤロー」の違いを解説
 9月18日(火)、「ニコニコ生放送」にビートたけしこと、北野 武監督が出演し、10月6日(土)から公開される最新作『アウトレイジ ビヨンド』についてトークを行ないました。番組では映画の制作秘話などが語られたほか、ユーザー期待の“たけし節”も飛び出し大盛り上がり! また、ニコ生ではその後のジャパン・プレミアも生中継を実施。

 『アウトレイジ ビヨンド』は北野武監督による2010年公開の映画『アウトレイジ』の続編にあたる作品。「全員悪人 完結。一番悪いのは誰だ?」をキャッチコピーにヤクザの抗争を描いたバイオレンス・ムービー。番組が始まり、まずスタジオに姿を見せたのは、中野英雄新井浩文の2人。登場するなりコマネチを披露するなどノリノリの中野は、本作への出演に関して「新しいメンバーがいて新鮮でした。前作から4年間携わってきたので、自分の中では相当がんばったつもり。ぜひ観て頂きたい」とコメント。一方、笑顔でリラックスした表情の新井は、出演当初は緊張したとのことで、「同年代だとゴツい方だと思うんですが、この(俳優陣の)並びだと生まれたての子犬みたいなもので(笑)、午前中はずっと顔が痙攣するくらい緊張しました」と、笑いを誘っていました。

 そして番組中盤、いよいよ北野 武監督がスタジオに! これにはニコ生のコメントも「きたーーーーーー!」「本物きたーーーーー!」と大盛り上がり。画面越しに伝わってくる北野監督の存在感にユーザーも圧倒された様子……。そんな北野監督は、今作のきっかけについて、「前作の後半を撮りながら“2”(続編)の構想はしていた。ただ、前作は海外では暴力描写で賛否両論だったため、それなら言葉のやりとりの暴力映画を作ろうと思って、関西弁がいるなと。それで関西の暴力団を使うために筋(ストーリー)を直した」と、制作の裏話を披露。

 さらに、「ヤクザ自体に魅力を感じているというよりは、生と死の中での男の葛藤を日本で描こうとしたら暴力団しかない」のがヤクザ映画を撮る理由だと語りながらも、「男、男っていっても、ヤクザ映画でもやっていることは女々しいんだよね。裏切ったり、のし上がるために色んな方法をとったり、陰謀論が渦巻いて汚くなってしまう。俺はよく冗談で“一番男らしい商売はオカマだ”って言う。男しかできないからね(笑)」と、ユーザーを沸かせる。

 また、出演した俳優陣についてもそれぞれ演技について評価しつつ、特に西田敏行については、「西田さんは『釣りバカ日誌』とかやってて怖い役をやったことがないっていうんで、あの人を釣ってやろうかと思って。海の中から西田さんが上がってくるとか(笑)」とのこと!

北野 武

 そして番組後半、北野監督はニコ生ユーザーからの質問に答える形で、定番の名台詞である「バカヤロー」と「コノヤロー」の使い分けを、「下町では“バカヤロー”っていうのは、英語でいうところの“You know?”と同じで、間に挟む言葉。心配したぞバカヤローとか、どうなってんだバカヤローとか。“コノヤロー”はもっと親密で、ちょっと悪意があるかも」と、説明。これにはニコ生ユーザーからも「なるほどなぁ」「違いがちゃんとあるのか」「ダンカンは愛されてるんだな」といったコメントが続出。ユーザーが書き込んだコメントをMCが拾い、北野監督がリアルタイムに答えるという、ニコ生ならではのやりとりに。

北野 武

 その後はジャパン・プレミアの生中継がニコ生でも行なわれ、さらにイベント終了後にニコ生は再び北野監督を直撃。7万人を超える視聴者に向けて「観に行けよコノヤロー!」という言葉をかけてほしいというお願いに、北野監督はすかさず「アウトレイジを観てガンが治った!」「アウトレイジを観て逃げた女房が帰ってきた!」「会場で1千万円拾った!」と華麗なる切り返しを連発! 最後にはきっちり「観ろバカヤロー!」と一喝し、ニコ生への初“降臨”は大盛り上がりの中、幕を下ろしました!

北野 武
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015