ニュース

9月公開の清原果耶主演映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」特報映像公開

清原果耶   2020/06/09 12:35掲載
はてなブックマークに追加
9月公開の清原果耶主演映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」特報映像公開
 作家・野中ともその大人気小説を映画化した「宇宙でいちばんあかるい屋根」が、2020年9月に全国ロードショー。公開に先駆け、特報映像が公開されています。

 小説すばるで新人賞を受賞するなど、その表現力で多くのファンを魅了する作家・野中ともその大人気小説「宇宙でいちばんあかるい屋根」を、『新聞記者』で注目を浴びた実力派監督・藤井道人が映画化した本作は、14歳の女子中学生とあやしい老婆“星ばあ”がひと夏の大切な何かを探す、2人のキュートで、愛おしい、感動のファンタジー・ドラマ。主人公の女子中学生・大石つばめ役を演じるのは、NHK連続テレビ小説『なつぞら』、日本テレビ系ドラマ『俺の話は長い』ほか、CM・雑誌と幅広く活躍し、いまもっとも注目を集める若手女優・清原果耶。実父と、血の繋がりのない母との間に子供が産まれることで感じる疎外感、実母への想いなどを胸の内に抱えながら、幼馴染に抱く恋心や、“星ばあ”との出会いから成長していくひと夏の少女の姿を、等身大かつ圧巻の演技力で表現しています。

 公開されている特報映像は、「今、空飛んでましたよね!?」というつばめ(清原果耶)のセリフとともに、空を見上げた彼女の目に飛び込んできた、星空を舞う老婆(桃井かおり)の姿!? から始まります。憧れの隣人・亨(伊藤健太郎)、父(吉岡秀隆)、育ての母(坂井真紀)、産みの母(水野美紀)、書道教室の先生(山中 崇)、元カレ(醍醐虎汰朗)といったつばめを取り巻く人々の姿が映し出される中、「ありがとう、星ばあ」というセリフとともに涙するつばめ。「星ばあに出会ったいちばん短くて大切だったあの夏――」大人になること、家族とは、広い空の下に広がる屋根を見つめるうちに、つばめが気づいたこととは……。懐かしくて愛おしい、ひと夏の感動の物語を予想させる内容となっています。


© 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会

「宇宙でいちばんあかるい屋根」
2020年9月 全国公開
uchu-ichi.jp
配給: KADOKAWA
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015