ニュース

コブクロ『CALLING』TV-SPOTに、蒼井優&水嶋ヒロが出演!

コブクロ   2009/08/07 15:38掲載
はてなブックマークに追加
 8月5日(水)に発売された、コブクロの7枚目となるオリジナル・アルバム『CALLING』。このTV-SPOTに、水嶋ヒロ蒼井優が登場することが決定しました!

 コブクロはアルバム発売のごとに、TV-SPOTへ俳優やお笑い芸人を起用し(過去には、天海祐希成海璃子菅野美穂徳井義実など)、そのコンセプトを表現。今回は“涙雨”と“悲しい花火”をテーマに、恋愛だけでなくさまざまな葛藤を繰り返す男女を、蒼井優と水嶋ヒロが演じています。注目ください!








<鈴木利幸監督からのコメント>
■テレビSPOTのコンセプトについて
「心に沁みる歌、泣き歌の代名詞とも呼べるコブクロのNewAlbum「CALLING」TVCM。今回は、「涙雨」と「悲しい花火」をテーマに恋愛だけでなく様々な葛藤を繰り返す男女を描いています。映像は、すべてハイスピードカメラでの撮影。「涙雨」篇では何度もテイクを繰り返すことができず、ほとんど一発勝負の中、さらに15秒という枠の中で「泣く」というシンプルな行為を、蒼井さんと水嶋さんは見事に演じてくれました。「悲しい花火」篇では、待ち人が来ないせつなさを蒼井さんがふとした表情でみせてくれます。CMの裏側に見え隠れする何かが、コブクロが楽曲を通して伝えようとする何かが、見ている方に伝わればよいと思います」

■蒼井優、水嶋ヒロ出演について
「コブクロの楽曲に共通していることは、聴いてもらう誰もが共感でき、身近に感じることができるところにあります。男女問わず涙することや、日々暮らしている中でのちょっとした感情の起伏を、ふとした表情で表現してもらえる俳優の方を探していましたが、その中でも蒼井優さん、水嶋ヒロさんにどうしても出演して頂きたいと思い、思い切ってオファーしたところ、快諾いただきました」

<蒼井優からのコメント>
■夏らしく花火のシーンでしたが、今年花火は初めて?
「初めてでした! 花火をやると楽しくて笑ってしまう。でも、切ない感じは出しました!」

■コブクロについて
「“愛されることを望むばかりで、愛することを忘れないで”という(「赤い糸」より)歌詞は、“そうそう!”って思います!」

■雨のシーンは、「WETな気分を涙以外で表現する」というシーンですが、最近ほんのり涙したこととかはありましたか?
「YUKIさん(JUDY AND MARYのLIVE)のLIVEのDVDを見てウルッとしました。。」

■コブクロのアルバムタイトルは「CALLING」ですが、最近長電話とかはしましたか?
「旅行に友達が行っていて、出先から連絡をくれて、長電話をしました。何もないところだったみたいで。。」

■今回の撮影では、傘をさしませんが、普段小雨の時には傘をさしますか?
「さしません!面倒くさいじゃないですか。私の周りは、メイクさんとかも結構な雨でもささないんです」

■コブクロへのメッセージ
「はじめまして。よいCMになるといいと思います!」

<水嶋ヒロからのコメント>
■コブクロのニューアルバムは聴いて頂きましたか?
「移動中に、車で聴いて、楽しませて頂きました」

■前回のアルバム「5296」に続いてのスポットでの出演ですが、前回は土手での“男泣き”CMでした! 今回は、涙にかわってWETな気分を出すための“雨”でしたが、いかがでしたか?
「前回は、すごく寒かったということを覚えています!」

■コブクロのアルバムタイトルは「CALLING」ですが、水嶋さんは長電話をする方ですか、用件だけで済ませる方ですか?
「そんなに長く顔を見ないで話すのは苦手な方なので、用件だけで済ませます!」

■今回の撮影では、傘をさしませんが、普段小雨の時には傘をさしますか?
「プライベートでは全くささないです。割と濡れたまま移動しちゃいます」

■コブクロへのメッセージ
「少しでも貢献できたらと思います。すごく素敵な曲を聴かせてもらって、いちファンとして、デビューから聴き続けて今もなお、心を動かしてくれる曲というのをどんどん聞かせ続けて下さっているというのはすごいことだと心より尊敬しますし、こうして仕事を頂いて光栄です。ありがとうございます!」
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015